神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

ミドリムシ

別名ユーグレナ

先日から何となく新しい試しみをしたくて
作り始めたのがミドリムシ
以前のものよりキラッキラしております(笑)

まだ途中経過なのですが
いつものように
「綺麗だねー」とつぶやきながら作っております(怖)

作るにあたり動画とか見るのですが
その動きは中々可愛いなと思っております♪

取りあえず途中経過のものでも
アップして行かないと
あっと言う間に溜まってしまい
更新できず「あの時を振り返ってシリーズ」が増えていくばかりなので
今年は気を引き締めつつ。。


CIMG6753.jpg

こちら夜出来て室内でテキトーに
「明日の朝撮りなおしまーす」的なノリでツイッターにアップしたところ
思わぬ反響を頂いたもの。
アップした本人が一番びっくり

そして今朝撮りなおしたのがこちら
ここからブローチに仕上げていく予定です
未完成なのにアップするのはセッカチだからw

CIMG6755.jpg
CIMG6763.jpg
一号君は少し青みがかかっております(背景の感じもあり)

CIMG6762.jpg
CIMG6757.jpg
CIMG6758.jpg
CIMG6760.jpg
どう違うの?と聞かれても
中々難しいのですが
派手な子、少し控えめな子
泣きぼくろっぽい子(ぇ?)
色々です。

生き物モチーフは作りながらも「個体」というのを意識してしまうので
流れ作業的に仕上げていった方が効率は良いかもしれませんが
その時その時の気分で仕上げ方を変えて作っているので
同じような感じですがビミョーにその表情が異なります(個体差)

お気に入りの子を見つけて頂けたら幸いです。

ではまた♪
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

え?もの作る時に個体意識しない事なんてあるの!?

ちょっとビックリw


まー、、売るとかやった事ないからアレなんだけどねw

ぶっちょー | URL | 2016-02-05(Fri)15:13 [編集]


んーっと。。

ぶちょへ

これは一例だけど
今プラバンってコピー機で印刷できる奴があるのね
なので時間がかかるミカヅキモや古代生物などは
コピーできるプラバンで作ると
同じものが一気にできるので時間短縮になる
よって、少しでも多く提供が出来るという利点がある
それとは別に
一個一個を手描きしていないので
当然そこには同じ類の作品を平等に提供できるという利点もある
これが『複製』(粘土なら型取り)
でもこれだと多くが同じものの量産なので
私が言うところの個体としての認識とは異なる
個性っていう部分がそれ。

手描きの際大きさを均一にしたいので
多くは輪郭部分だけはオリジナルがあるんだけど

輪郭以外の部分は全て一つ一つが手描きで描きこむので
表情が異なって行く
それが自分が作る生物系の個性の表現に繋がる(個体意識)

どちらがいいとか
どちらが正しいとか
そういう事じゃなく
「どの部分を重心に置くか」なんだけど
私の場合は手作りによる一つ一つのムラによる個性
を尊重して行きたいなって思っているだけ。

何となく伝わったかな?

KOH | URL | 2016-02-06(Sat)09:26 [編集]