神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

回想~古代生物

博物ふぇすが終わってから
一週間が経ちました。
とても出たかったイベントだけに終わった後はほんのりと寂しいです。

選考があるイベントなので来年通るかはわかりませんが
もし参加イベントを絞っていくのなら
博物ふぇすに照準定めて行きたいなって思うくらい
楽しいイベントでした、また出たいな…

とはいえ、出展準備はかなりハードでした(笑)
二度目のお品書きが間に合わず
振り返ってみましょうコーナーの登場ですw

スタートは古代生物編から
正直時間がなくなってきて
描き込みに時間がかかる古代生物は
何故タグに古代生物と入れてしまったんだろう!!!と少し後悔したほどでした。
でも去年遊びに行った博物ふぇすでのアノマロカリスとの出会い
アレはとても大きなモノでした。

実は今年の博物ふぇすも
出展者なのでお客さんモードにはなりきれませんでしたが
それでも開場内のアノマロカリスは触りまくってきた!
そんな感じでございました(満足)

あまり大きな声では言えませんが
アノマロカリス検索して調べ直してみたら
両方に13対のひれがあるとあり
今回はその辺も含め下絵を描き直しました。

色々とやってみたかったのですが時間も足りず
実際出品したのはアノマロカリスのブローチ2点とネックレス
オパビニアのブローチ1点
展示見本で立体アノマロカリスブローチ1点でした。

CIMG5258.jpg

ネックレスのみ背景が透明で後は不透明です
先ずはオパビニア
CIMG5269.jpg
CIMG5265.jpg
CIMG5173.jpg

光の入り方で玉虫が仕事をしてくれ不思議な色合いに変化します。
が、基本は下絵の上に玉虫なので見る角度により色が異なりますw
実はオパビニアも一新していてわかりにくいですがお腹の部分の足のようなものもちょこっと描き足されておりますw

次に仲間になったのが下絵を一新したアノマロカリス
CIMG5195.jpg
絵心の無さでちょっとずんぐりむっくりな子になってしまいました(汗)

CIMG5186.jpg
CIMG5227.jpg
CIMG5232.jpg

本来こんな感じに獲物に向かって向きを変えた状態を表したかったわけでして(言い訳)CIMG5234.jpg
同じようなキラッキラな写真w

CIMG5238.jpg
カメラ目線でパチリ

実際はこのぽっちゃりタイプの子の方が早くお嫁に行ったのですが
これではいかん!と少しダイエットさせたのがこちら
CIMG5245.jpg

そしてブローチにする途中
描き込みが良いなと思ったので背景を透明にしネックレスにしてみたのがこちら
CIMG5255.jpg
CIMG5270.jpg

アノマロカリスを作るに居たり
丁度上野で開催されていた生命大躍進展へ行き色々と勉強し直し
目も複眼とあったので点々して描いてあります(それっぽく)

CIMG5243.jpg
CIMG5264.jpg

以上が出品作品で
それに前回もご紹介したこの方
CIMG4693_20150817123827cf8.jpg
CIMG4691_20150817123828e99.jpg
を連れてまいりました。

私が作る古代生物の作品にどれくらい需要があるのかわかりませんが
細々と作って行けたらなと思っておりますw

それではまた。
以上博物ふぇすを振り返ってみてのコーナーでした(笑)







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。