神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

クリエーターズマーケット32ありがとうございました。

終わってから少し時間が空いてしまいましたが
今回のクリマ参加、最初は完全委託の予定でしたが
急遽日曜日のみ現地参加出来る事になり
初クリマを体験する事が出来ました。

私の場合単独参加出来るほどの気力と体力が無いお年頃なので(ぇ?)
多くの方に支えられながら、お力をお借りし
無事出展する事が出来ました。

先ずはお声かけ下さった
むすびis様 ありがとうございました。
そして東京から名古屋まで車に乗せて開場まで送ってくれて
当日色々とお手伝いまでして下さった
大使ご夫妻(私的呼び名)本当にありがとうございました。

それでは画像と共に振り返ってみたいと思います。
(ここでの感想はあくまでも私個人の感想なので主観的なものでございます)

6月20日の夜に名古屋に到着し
念願の味噌ヒレカツを堪能し翌日に臨んだわけですが
翌日の21日はあいにくの雨でした。
写真は駐車場からの風景

CIMG4540.jpg
CIMG4541.jpg
生憎のお天気でした。

CIMG4551.jpg
デザフェスでも撮るイベントの看板の写真。

中に入るとこんな感じに
CIMG4542.jpg
個人的にはYHMの会場内に似ているなぁと思いました。
実は似ていると感じたのはそれ以外開場されてからもなんとなくのんびりした感じが
似ているなぁと思いました(比較:デザフェス)

ブースの方はこんな感じ
CIMG4546.jpg
この写真でもお分かり頂けると思いますが
トイレまでの距離めっちゃ近い!方向音痴の私でも安心でした。
と同時にトイレ渋滞が殆ど無いのが特徴でしょうか

CIMG4549.jpg
当日の為むすびis様が用意してくれたプレート。

CIMG4547.jpg

CIMG4548.jpg
むすびis様のコーナー
お友達のお手製手作りプレートも素敵でした。

CIMG4544.jpg
こちら私側のスペース

CIMG4545.jpg
こんな感じでした。

パッと見少ないように見えるかもしれませんが
これで100点以上あったりします(笑)


当初列について心配しておりましたが
この日はおかげ様でお待ち頂いた方も最高で5組様位で
殆ど列は出来たりできなかったりの状態でした。

なのでタイミングによっては規制をかけさせて頂いた時もありましたが
多くは規制無しでお買い物をして頂けたと思います。

デザフェスの時も色々なお客様や作家様がいらして下さる事もあるのですが
多くはゆっくりお話しする時間が無いままで終わることもあり
バタバタしている中本当に申し訳ない気持ちでいっぱいな事や
お客様にもゆっくりお選び頂ける時間が少なかったりする事が
あったのですが
クリマはその分ゆったりと時間が流れて
お客様がご飯粒のブローチを真剣に選んで下さっている姿をみて
ほっこりと幸せな気分になりました。

幸せな気分と言えば
ツイッター等でお話しさせて頂いている方が
ブースへ遊びに来て下さった事。

特に昔からフォローして下さっていた方や
感動したのは
私が粘土のお仕事を頂いたきかっけの頃から
作品をご覧になっていた方からのお声かけを頂いた事。
(後ほどその方が げに様 と知り衝撃的だったのですが)

また、日曜日は予定があったのに
ほんの少しの時間でもとわざわざ駆けつけて下さり
呼吸も整わないうちに
「それでは!」と立ち去って行った
さちままさん(笑)
いつも和物作品の包装ではさちままさんの消しゴムハンコに助けられていて
もっとゆっくりとお礼が言えればよかったのですが(汗)

他にも初めてお会いした作家様もいらっしゃれば
「デザフェスではどうも!」と再会した方もいて
いつも応援して下さる方や見守って下さっている方等
多くの方に出会える事が出来
こうして言葉にしてしまうとあっけない感じではありますが

 多くの方に支えられている実感 

というものを味わう事が出来ました。

また、ブースにお運び頂けるだけでも嬉しいのに
差し入れも多く頂き本当にありがとうございました。
ブース滞在中小腹が空いた時にちょっと口に入れられるものから
その土地の方ではないと知らないような美味しいお菓子等
本当にありがとうございました。
今も美味しく頂いております♪

恐らく今回のクリマで一番の収穫はそれだったのではないかと
(注:それの部分は差し入れの方ではなく皆さんに支えられてきた実感の方です・汗)
モノ作りを続けてきて良かったなと
しみじみと実感する事が出来ました。
本当にありがとうございました。

最後の方でベビーカーを押したご夫妻がいらして
ご飯のブローチをお選び下さったんですが
どこに付けるか?という話から
「襟元や袖口という方がいらっしゃいますよ」とお話ししたら
パパさんが
「いや、ご飯食べていてこぼしたらやっぱここでしょ」と
お腹当たりを指さし「ここに付けます」と

そのいたずらセンスに思わず
「この作品は、そんないたずら心のある人の手により完成品になるものなので
 是非完成品にしてやって下さい」
と作品を託す気持ちでお話しをさせて頂いたのですが
そんなやり取りが出来たのもクリマならではだったのかもしれません。

とても充実した楽しいイベントを
皆様、おひとりおひとりのおかげで過ごす事が出来ました。
本当にありがとうございました(感謝)

クリマ自体は簡単に「次回も!」とは言えない立地でもあり
いつの日かまた条件が揃った時にでも
出展出来ればいいなぁと思っています。
それくらい楽しい一日を過ごせました。


ラストはこの写真で締めたいと思います
CIMG4552.jpg

素敵な時間と感動をありがとうございました。



                                                    KOH

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する