神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

梅雨の昭和のパン祭り(ぇ?

タイトルはもちろん
春のヤマザキパン祭りを意識したものです。

何がいけなかったのか
カビ臭いイメージがあるのは気のせいでしょうか・・(汗)


うん 気のせいだね(そういうことにしよう)

タイトル:神様の降りてくる時間
ここ最近ご滞在されている神様はどうやら
パンの神様のようです(謎)

とは言え自分が作りたいと思うのは
子供の頃の記憶のパン

RIMG4157 (4)

作りかけの様子です。
手前のが 記憶のパン

むかーしコッペパンみたいな長いのに
クリームが絞ってあり その真ん中に赤いのが乗っていたやつがあったような
正直苦手だったんですが
母が買ってきてくれた記憶が残ってます(うっすらと)

うっすらとなので本当はわかりませんが
こーんな感じだったような…

いっつも思い付きで作るので
そのメインの赤いのが不在です(これから作りますがサイズが合うかどうかが心配)

赤いやつの正体は何だったんだろ…

RIMG4158 (2)

こちらお約束の裏(笑)


ここ最近急いでアップするのでいつも忘れてしまうこれを

2012.7.14バナー300px

2012年7月14日(土)、15(日)

     (入場料2日共通1,000円)
入場券 当日発売
中学生以下(中学生は学生証提示にて)入場無料
時間:14日(土)10:00~17:00 
   15日(日)10:00~16:00
場所:都立産業貿易センター台東館
    (台東区花川戸2-6-5)
スイーツデコアート協会HP⇒★☆★

14日のみの出展です

ひびきさんのブログからお借りしてきました → 詳細記事はこちら

毎回リンクやら何かが足りてません(汗)


そんなひびきさんのブログの秋の祭典の記事を拝見して思ったのは

これ絶対売れないかもしれないけど作っちゃえ という遊び心重視の部分。

今まさにそんな感じで作ってます(絶対とまでは言わないけれどw)


自分の作ったものを見て誰かが喜んでくれたらそれは嬉しいことだけど
プレゼントと違い それが不特定多数の相手だと難しい
相手が何を喜ぶか想像しにくいから。

というのもありつつ
私の場合は 自分の気持ちがどうやら作品に出ちゃうタイプらしく
楽しく作っているものと
そうじゃない物がはっきりしていると指摘されたことがあったりしました。

なので 作っていて自分が楽しいモノ を前提に作っています。


本来ならイベントに参加するなら
ぜーんぶ売れた方が良いに決まってる。
けど、『頑張って作りました』とかそればかりが多いと
何のために作るのか? 営利目的なのか?と
そこに違和感を感じてしまうめんどくさいタイプです。

まず自分が楽しめること
そこからスタートしようと思いました。

パンとかは 多くの作家さんが作っていて
基本不利な勝負はしない主義なんですが
なんとなく自分の記憶を再現したくなった
ってのが 今のパン祭りの理由なのかもしれません。

エゴの塊のようなものですが
もしどこかで共感できる思い出を一緒に思い描いて頂けたら
幸いです。

そんな思いを込めながら作っています(照)
スポンサーサイト

PageTop