神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

インゲンのストラップとキーホルダー

デザフェスまであと1か月以上はあるのですが
妙に焦っていたりします
樹脂粘土作品はそれなりに乾燥という時間がかかるので
その分逆算しても結構アップアップな状態です。

この手のイベントの前はいつもナーバスになったり
「本当に出来るのだろうか?」と迷ったり
お決まりの
「ハンドメイドとは何ぞや?」を問いかけたり(笑)

どの作家さんも考えると思うのですが
「いくつつくればいいのだろう」的な部分も考えたり
こればかりはその時の「波(流行り)」があるので
正直わからないのですが
出来るだけ少しでも
「来てみたけれど売り切れていた」を無くしたい
という気持ちはあったりします。

その全てに対応出来なくても
せめて前回多くお声を頂いたモノに関してはどうにかしたい…

無い知恵を絞って色々と考えているわけです
でも大抵結局はなかなか思うように行かない事も多々
今回もどうなるかわかりませんが
残りの日数の中でどうにか理想に近づけて行きたいと思います(あくまでも希望w)


ということでインゲンシリーズ
CIMG0639.jpg

ストラップとキーホルダーにしてみました。
いっぱい作ったはずのインゲンも加工してみたら「これだけ?」って感じですが(笑)

CIMG0640.jpg
キーホルダータイプ(シルバー&ゴールド各1点)

インゲンシリーズの全てに共通しているのですが
先を切っているものと切っていないモノが混じっております。
これは単に加工し忘れというわけではなく
正直に話すとどっちが良いか迷った結果の混合という事になります。

優柔不断なてんびん座だからでしょうか(違)

揃えようか迷ったのですが
敢えて混ぜてみました(ォィw)

CIMG0644.jpg
先の方から撮った一枚

CIMG0641.jpg
こちらはストラップタイプ
ミカヅキモとのコラボとは違いこちらはカニカンがストラップ側についています。
今回から採用してみたシルバーのストラップ

個人的な好みなのですが
このシルバーの部分私は貴和さんのモノの色合いが結構好きだったりします。
CIMG0643.jpg
ゴールドは先が切ってあるタイプ
シルバーの方は先がそのままのタイプ
CIMG0645.jpg
全体像w

私が今まで見てきた記憶では
インゲンオンリーで作品と成り立っているモノは無かったような
前回相方が作っていたような
野菜チップスに入っているのは見た事がありましたが
それくらい単体のモチーフとしてはあまり注目されていなかった気がします。

でも結構インゲンって作ってみると
「これ良いな」と思う部分もあったりして(笑)

発端はミカヅキモからでしたが
作ってみて良かったー♪と思います。
枝豆とはまた違った感覚が楽しかったです。

それではまた~


と、終える予定でしたが
ふと書き終えた記事を読みなおして思った事を。

それは「食品サンプル」というキーワード
私が作るモノはリアル系なので結構印象的にはそうくくられる事が多いです。

食品サンプルはあくまでも原型を取って忠実にそれを再現する部分にあると思うのですが
(着色ではなくカタチの部分)
この作品のインゲンにあてはめて言えば
このインゲンは食品サンプルでは絶対表現できない部分があったりします。
何故なら…
これは本物のインゲンじゃないから。
フェイク云々という部分ではなく
お店へ行きインゲンを見比べるとわかるのですが
本物よりもかなり短く略して作ってあったりします
それでもインゲンと認識できるのは
人が脳で認識するその無意識の領域を意識的に再現し無意識の領域へと閉じ込めているから。
外見だけの形をそのままコピーする食品サンプルとの違いはそこにあったりします
なので本来の縮小とは異なるのですが「インゲン」と認識されるんだと思います。

私はこれを「手任せの作業」と呼んでいます。
頭で考えると無意識ではなくなるので
その場その場の手の感覚で作って行きます
なので、その正確な作り方を毎回覚えていない為
作り始めから何個目かにして思いだすってのが多々あります(笑)

その方が良いモノが出来るので敢えてレシピ等は持ってはいないのですが
その分自分の中に「波」が来ないと作れないと言う弱点もあったりします。
これを「神様がお留守の状態」と呼ぶのですが(笑)

話が大きくずれてしまいましたが
そんな感じでもしかしたら今回のデザフェスも
自分がイメージするようなモノとは違い
「こんなん出来ました♪」というモノが登場するかもしれませんが
出来るだけ「旬」のモノをお届出来たらと思います。
それはもしかしたら
遊びに来て下さる方のご希望とは異なったモノかもしれませんが
一通りの作品を惰性で並べる事だけは避けたいので
そんな部分も一緒に当日楽しんで頂けたらと思います。

ではでは(2回目w





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する