神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

作ってます。

本当は他に作らなければいけないモノもある中で
折角降りてきた
きのこの神様たちがいらっしゃるうちにと
(訳:勢いがあるうちに)
あれからきのこを作っています

多分「また後で」としたらもう作れないようなそんな気さえ致します
気分屋なので(笑)

家にはしいたけ(いつもより高めのしっかりしたタイプ)と
エリンギ(庶民の味方のきのこの仲間)をモデル調達したので
エリンギの方も試してみました。

RIMG2106 (2)

大きさもリアルサイズのものと
小さめのものと色々試しております。

結構上手く出来たので(自画自賛w)
ツイッターの方で本物はどれだクイズならぬ
偽物はどれでしょうクイズをしてみました

RIMG2109 (2)

出題の画像。

心優しい方が参加して下さったんですが
ふとここで冷静に考えてみた。
バラエティー番組でもそうだけど
いきなり正解を答えると番組上面白くないから
回答者は大抵そのタイミングを見て答えるっけ…
だとしたら逆に気を使わせてしまったのだろうか…等など

ちなみに正解は9個(全部)
フェイク茸だけに「フェイクだけ(全部フェイク)」というオチを付けたつもりなんですが
すべったかどうかはあえて確認していません(ォィw

さて、今までブローチにしてきたのですが
今回小さい子達も作ったので
ブローチピンが付けられません!
つーことで マグネットタイプにしてみました(2個だけ)

RIMG2114 (2)

こんな感じで冷蔵庫にも引っ付きます(ちなみに缶のふたの裏での撮影)

RIMG2120_2013081312323005b.jpg

こんな感じですねー

気になるのはかさの裏側のヒダヒダなのですが
見て頂いたとおり結構大雑把です(笑)

ここをきっちり作るともっと本物らしいんでしょうが
何故か 自分の中の何かが
「これはこれでいいんじゃないの?」と言っています。

この手の言葉はできる人が言ってこそであり
できて無い人間が言うとただの言い訳に取られるかもしれないんですが
なんとなく そこをあまりに綺麗に作りすぎちゃうと
なんか食品サンプルみたいな
外見だけ綺麗だけど そこだけ追求しすぎて作り手の個性が失われるような
そんな気がよぎったんですよね…(不思議と)

もしかしたらそれは
自分がきのこを認識している部分は
そのかさの裏のヒダヒダじゃないと言う事なのかもしれません
「追求するならもっと別の場所だろ」
って自分の中の何かが言っているような気がします


仮に
リアルに忠実なモノを作る事だけが全てだとしたら
今の世の中3Dコピー機があるので
このようなモノを作る必要は無くなると思うんです(極論)
そしてそこに自分自身魅力を感じていないから
「そこは追求しなくていいよ」という謎の言葉が浮かぶのかもしれません

まぁ追求する個所はその人それぞれ何でしょうけどw


モノを作っているとたまーに
自分の中の常識だと思っていた事とは違う感覚が入り込んでくる事がございます
もしかしたらそれが
自分自身では普段認識しにくい
自分の個性(カラー)の部分との対峙している瞬間なのかもしれません


ではでは~
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。