神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

作品が思い出させてくれた事

一つの作品から
忘れていた初心ってものを思い出させて貰える事がある。

モノ作りをしていると
色々な感覚に出くわす事がある。

ではまず作品の画像から(似たようなのがいっぱい続きますがw)

CIMG3780.jpg
茄子を作ってみた。
大きさは思いがけなく小さくなった。

実際はヘタをどうやって作ろうかと思った実験のつもりのものだった。
CIMG3787.jpg
CIMG3789.jpg
思いのほか良く出来たと思う。
自分で言うのもなんだけど

CIMG3791.jpg
CIMG3794.jpg
傷がついているのはおわかり頂けるだろうか

CIMG3804.jpg
実はこの茄子しわもあります

CIMG3795.jpg
CIMG3803.jpg
しなびた感じというか
そこに妙なリアリティーを感じた自分は
茶色く傷も付けて作っていた。

その作業がすごく楽しくて(笑)
ワクワクしている自分を見つけた。
CIMG3805.jpg

この時自分にとってのモノ作りがどんなものなのか思い出したような気がした。
よくリアル系と言われる事が多いけど
リアルなモノを作っているわけではなく
記憶の再現をしているだけだったりする。

冷蔵庫の片隅に忘れられた茄子が
自分にとってのソレと言うのも
主婦としてどーなの?って話ではありますが
全てが整った世界にあまり興味が無く
実はスイーツ系をあまり作らないのはそこに関係している部分もあったりします。
ケーキとか全て整っている美しいものなので
自分はいびつな感じのところにどうやら魅力を感じるひねくれものの様で(笑)

とすれば自分にとっての作品の部分は
人が見る「リアルに再現されているカタチ」ではなく
手にした人がそこから何かを感じ・思い出してもらう
その一瞬の見えないモノが自分にとっての作品なのかな
なんて事を思い出しました。

だから
効率が良い量産ってものが苦手なのもそこなのかもしれない。

今回納豆シリーズも
今までは一気に仕上げていたのが今回は
気が向いた分だけ少しずつ増やしている作り方で
この時間が無い時に何をやっているんだ?とは思うのですが
自分が込められる気持ちがそれしかないなら
そんな作り方しか出来ないのかなって
自分の力量的なモノとも対面した今回の出来事でした。

自分の作るモノはそのほとんどが
自分がそのモチーフと対面した記憶や感情
そのものだったんだなと。

そして誰かの記憶にリンクした瞬間こそが
作品の完成となるような気がします。

そんな瞬間を想像しながら
残りの時間僅かとなりましたが
作って行こうと思います。


「何を言っているんだ?」という内容でしたが
初心を忘れた時の未来の自分への覚書として

以上戯言にお付き合い下さりありがとうございました(礼)








スポンサーサイト

PageTop

通常作業

昨日思った事をドーンと文字にして
自分のモノ作りに対してのスタンスを見直したせいもあってか
いい意味で吹っ切れて作り始めた柿P

作ってみると
何度も作っているモチーフではありますが
質感つけは楽しいなと思いながら作業が出来ました。
こういうのが大事だなぁと。

まだ途中経過ですが
こんな感じの制作風景です。CIMG3755.jpg
ニス塗り前の状態の柿の種
同じような画像が毎回繰り返されておりますが
実は今回の柿の種もびみょーに着色部分で変化をつけてみました。

CIMG3756.jpg
柿PのPの部分ピーナッツ。
私の場合元の粘土に若干色をつけて形成しますが
メインはその後の着色となります。
手前が着色前、奥が着色後

CIMG3757.jpg
皆さん揃った図

CIMG3758.jpg
イメージ図的に混ぜてみたところ。

元が大雑把な性格なので
同じモノがコンスタンスに出来ない為
それぞれのパーツの大きさや色が異なります(笑)
なので柿Pの場合大きさのバランスや色合いで
セットを組んで行きます
この辺はお好みでお選び頂けたらと思います。

加工はもう少し先になりますが
当日までには間にあってくれるでしょう(願望)


こんな感じで残りの作品も作って行こうと思います
ではまた

PageTop

作品が教えてくれた事

CIMG3753.jpg

珍しく今日は作品の写真から。

デザインフェスタ41まで一カ月を切った今
今回ずーっとエンジンがかからないでおりました。

その理由を考えていて
スランプなのか、年齢的なものなのか(笑)
いつか来るやる気をずーっと待っておりました。

で、今朝とりあえず出来た2個の納豆のブローチの画像を
いつものようにツイッターにアップし気がついたのです。


元々量産系ではないことは自覚しておりました。
と同時に
作るだけのマシーンや
内職の様なモノ作りはしたくないと思ってました。

作品には作り手の気持ちが宿る
そう信じているところがあったので
やっつけ仕事のようなそれに
手にとって下さった方を楽しませるものは出来ない
そう信じている部分があったので
作っていて楽しいと感じる事が出来なければ!を前提にしてきました。

もちろんこれは作り手のエゴの部分で
正直お客様が求めているものとは異なるものかもしれません。


その中で、前回のデザインフェスタ38では
提供者としてとても不甲斐ない結果となり
折角来て下さったお客様にきちんとした対応が出来ず
それがとてもトラウマになっていたのも事実で

次出展する時は【数】を用意しよう!
そう思っておりまして
その後出展させて頂きました
東急ハンズのイベントでも意識したのは【数】でした。

そして今回も【数】をとても意識して制作を行おうとしてきました。
結果
凪状態が続き殆どのものがいつも以上に出来ていない状況になってしまいました。

通常ならば一気に作ってしまうパーツを
今回いつも以上の効率の悪さで一つ一つ試すように作り始めている自分がいました。
画像の納豆のブローチも本来なら一気にドーンとまとめて仕上がるのに
2個しか出来ていない。
納豆のおまめはきちんとできているのに
形にしようとするのが少しずつになってしまう。

で、朝わかったのは
やっつけ仕事のようなもの作りをしたくない
と言う根底にある気持ちが自分自身にブレーキをかけていたのではないかと。
それはとても無意識のうちにそうしていたように思います。

自分自身をいろんな理由で誤魔化しても
生みだしていく作品は誤魔化す事が出来ないんだなぁと実感しました。


この認識は正直提供者としては正解かどうかはわかりません
むしろダメな部類に入るのかもしれません

今回のデザフェスも遠方からいらっしゃるお客様や
わざわざこの日に合わせてお仕事のお休みを入れて下さる方等
多くの方が楽しみにブースにまで運んで下さる事を考えると
数が出来ないのは致命的ともいえます。

でもそれが自分自身だとしたら
根底にあるその部分はどうにも誤魔化す事が出来ないので
その状態の自分を受け入れて
その中で開催日まで出来る限り作って行くしかないんだなと
思えるようになりました。


その分色々な方にご迷惑をおかけしたり
ご不便をおかけすることになるとは思いますが
少しでもご理解頂ければと願います。


具体的にはおそらく
開場後列が出来ている間は
一部の人気のある作品に関しては
規制をかけさせて頂く事になるかと思います。
またその辺につきましては具体的な事が決まりましたら
近くになりましたらアナウンスさせて頂こうと思います。

持久力不足の作り手で申し訳ございません。
この先、今日気がついた事を意識し受け入れながら
あとわずかですが作り続けて行こうと思います。




                                      KOH



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。