神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もうちょっとなひとたちによる雑談会のお知らせ(訂正あり)

突然ですが
2月8日(土)に原宿のデザフェスギャラリーにて
雑談会を開催する事になりました。

もうちょっとなひとたち


何故このタイトルになったのか?
そしてサイトでの出展内容の紹介が雑談会と言っておきながら
雑談ではなく雑貨と記載されているのか?
そんな謎をはらんだ雑談会です!(違!)


きっかけは
「同じ『モノを作る人同士』お話とかできたら良いなぁ~♪」
という単純なモノでした。

通常作家同士が集まると大抵の人は
「展示会」とか「展示販売会」とか浮かべると思うのですが
今回は雑談をメインにした集まりにしたいなぁとそんな風に思いました。

とは言え、同じジャンルの人だと色々気を使うところもあるかもしれない
というのと、異なるジャンルの方との交流で今まで知らなかったお話等聞きながら
それぞれが刺激を受けあってこの先の「作る」に役立てたら良いなぁ
なんていう感覚のままスタートさせてしまいました。

しまいました と書いたのは
正直集まったその日に決まるとは実は私自身考えていなかったので(告白)
はっきり言うと何が起こるかわかりません(笑)
何しろみんな初めてなのでw

本来こういうモノは内々で開催し、オープンにするものではないのですが
自分だったら気になる作家さんが集まるのであれば
ちょっと話に参加してみたいとおもうかなー なんてことで
8割ぐらいオープンにしてみました。
残り2割は準備と撤収という意味です(細かい)

更に
通常こういうオフ会っぽい時には自己紹介的に作品を持ってきたりするケースもあるかもしれない
なんて思い、展示や販売に関してはそれぞれの作家さんの好きなようにしてください
とお伝えしました。

販売をあまり前面に出してしまうと混乱を生じるとは思ったのですが
そこも折角なのでそれぞれの作家さんがやりたいようにやって頂くカタチにしてみました。

ちなみに私の場合ですが
メインは今回ボンドクラゲに関してツイッター上でも色々と反響を頂きましたので
展示品としてアップしていた作品等持って行こうと思います。
その中にはあり様から頂いたクラゲさん、あり様ご本人の承諾も頂けたので
持って行こうと思います(特別出演)
その際レジンクラゲも持って行く予定ですのでこちらに関しても
「こんなものになるんだー」という参考にして頂ければと思います。
尚、レジンクラゲに関しましては販売は5月のデザフェスの時に行いたいと思います。
意外と思われるかもしれませんが基本作り方の説明等しないタイプなので(笑)
他の作品についてはお答えしかねますが
クラゲ作品に関しましては出来る限りでのお答えをしたいと思いますので
何か作っていての疑問等ありましたら当日お声かけ下さい♪

そして販売品に関しましては
まだ何も出来てませんw
が、何かあったら持って行くかもしれません(要は未定)
これに関しては今回はあえて細かいアナウンスはしない方向でおります。
意地悪に思われるかもしれませんがあくまで雑談会がメインですので
販売に関しては恐らくそれを目的に来て頂く方に対しきちんとした対応が出来ないと予想されるので
ご購入目的の方はどうぞ5月のデザフェス(初日)会場にて相方と二人お待ちしておりますので
そちらの方にいらしてくださいませ(宣伝♪)



と、大まかな話はこれくらいでよろしいでしょうか?
(伝わったかドキドキ)


では当日のお約束事項等まとめておきます
ここ重要なので!


場所:原宿デザフェスギャラリー

  こちらのWEST 2-C
  ↑リンクが貼ってあるのでクリックでお部屋が見れます。
 
日時:2月8日土曜日 (日曜日が仏滅だったのでお日柄でこちらに決めた)

開始:1時前後を目標に準備が整うように頑張りつつこの辺は当日の進行次第で前後する可能性あり!

終了:当日の話の盛り上がり方次第でどうなるかわかりませんが
   どんなに話が盛り上がらなくても6時までは居ようね!ということで6時までは頑張ります(何を?)

  (翻訳:当日の開催時刻は大まかに午後1時から6時ぐらいまでを予定しております)


【お約束事項】

1.飲み物(アルコール除く)とおやつ(制限無し、バナナもさきいかも含まれます)は各自持参。
  広い心と心のゆとりも是非お忘れなきないように。
  逆に、参加者たちに対する何かの期待は今回は持ち込まないように願います(キッパリ)

2.ゴミは各自お持ち帰り

3.上のお部屋のところをクリックすると中が見えると思いますがはっきり言って狭いです!
  これは6人ならちょうど良いねーという事もありましたが
  予算の関係上このお部屋になりました(リアル事情)
  ここに大人が6人、テーブル3個、椅子6脚が入ってます(イメージして下さい狭いです)
  なのでゆったりくつろいで雑談は難しいかもしれませんがその辺はタイミングを見て突入してみてください!

4.3にも書きましたが、会場が狭いのでとなりのお部屋(今のところ予約は入っていなそうですが)の方に
  ご迷惑がかからないような大人対応を願います。

5.雑談会がメインなのでご購入のみの目的でいらっしゃる方はご期待に添えないケースもございますので
  くれぐれもご理解頂きますようお願い致します。
  ※参加者毎に異なりますので詳しくはそれぞれの参加者まで直接お問い合わせ願います
  
6.当日は雑談会にご参加頂いた方として後日ブログ等でご報告したいと思いますので出来ましたら
  入室の際にお名前(普段使っているHN等)を頂けるとありがたいです(任意)


 訂正:当日お名前用のシールをご用意しますので、普段お使いのお名前、当日呼んでもらいたい名前(但し早口言葉で言えないようなモノは適当に略される場合がございます)を記入して頂き、お帰りの際にお名前のシールを置いてあるノートに貼ってからお帰りください。この方が私たちもどなたとお話しているのかわかりますのでご協力お願い致します。

7.ツイッターにて当日現地には行けないけれど参加したいというご意見を頂き
  当日はツイッター上での参加用のツイートをあげておきたいと思います。
  (どうなるかは当日の電波具合にもよりますが)
  会場での話の流れを見て試してみたいと思うのでアカウントがある方はよろしくお願い致します。




【もうちょっとな6人】(順番に意味は無く単にツイッターアカウントがある人を上にまとめました)

via*lactea  まえだ まゆみさん
@vialactea_mayu(Twitter)

ツメカ ツメカさん
@tumeka193(Twitter)

PANIC PARTY SHOCOさん
@SHOCO4(Twitter)

神様が降りてくる時間 KOH(私)
@xxkoh20xx(Twitter)

ツキノカケラ むーんきゃっと(謎を作った張本人・ぇ?)

無添加・天然ケンオウ9万円!! ケンオウ氏(よく間違われますが血縁関係じゃないですw)



というこの6人で雑談してます。
ちょっと(いやかなり?)行き当たりばったりな所もあり
いろんな事が初めてなのでもしかしたら粗相もあるかもしれませんが
いらっしゃられる時は是非「広い心」と「心のゆとり」を持参でお願い致します。

ではではー











スポンサーサイト

PageTop

あり様のクラゲ

ボンドクラゲ制作のきっかけとなったあり様より
里帰りということで逆さクラゲの作品を頂きました。

CIMG0096.jpg

いつもツイッター上では透明なクラゲ作品を拝見していたのですが
この背景が不透明な作品はみていると
ほんとに海の中を泳ぐクラゲに魔法をかけてそこだけ閉じ込めたような
そんな世界感すら浮かんできます。

いろんな作り手さんが居て
いろんな作風のモノがあって
でも自分が一番こういうのを作りたい!と思うのは
その人の記憶やイメージなどに呼びかけられるモノなので
そんな妄想を抱かせるあり様の作品はまさに理想だったりします。

CIMG0095.jpg

魔法の小瓶をイメージされた作品なのでアンティークゴールドの金具達で構成されていて
上には月のパーツと一緒に淡水パールが添えられているのがまたセンスの良さだなぁと。。

CIMG0100.jpg
背景を暗くするとこのように浮かんでもきます。
このぼんやりと浮かんだ感じがまるで水族館のあのクラゲのような
感覚の幻想的な部分を刺激します

CIMG0107.jpg
折角なのでお日さまに透かしてみました(笑)
この濁り感がリアルさを増すのかもしれません


ツイッター上でもクラゲ作成にご興味を持って頂いた方が多かったので
忘れ物をしなければ
試作で作ったボンドクラゲ&レジンクラゲ作品と共に
きっかけとなったあり様のこちらの作品も一緒に
2月の雑談会に持って行こうと思います(承諾済み)

実際のあり様のクラゲ作品は先日もお知らせ致しましたが
2月に入ってからCreemaさんにて販売予定だそうですのでチェックしてみてくださいませ。

 あり様のブログ
 

PageTop

私はこれでクラゲを作りました~レジンクラゲ編

ボンドクラゲの作り方をアップしてから
沢山の方に作って頂きました。
ありがとうございます。

その中にアクセサリーに加工したいと仰る方がいらして
折角ここまで作ったのだからと
レジンクラゲも試してみたところ作れたので
こちらの方の作り方も載せていきたいと思います。

基本作り方はボンドクラゲと同じ作り方なのですが
レジンという事もあり特に触手の部分の強度がポイントとなりました。
大きな違いはそのくらいでしょうか。

こちらも作り方の基本ということで
着色したレジンを使い作って頂いたら、カラーバリエーション豊かな作品となりますし、
ラメなど混ぜて作って頂いても良いかと思います。
また、途中登場しますクラゲのかさの型の部分の方法は
この手法を使って例えばコップなどの器やお菓子の袋作成等
クラゲ以外のものにも使えるのではないかと思われますが
以前同様その方法については調べていないので
もし万が一他に作られている方がいる場合は
申し訳ないのですがご自身での確認をお願い致します。

何度も申しあげておりますが
今回のクラゲの作り方を参考にして作られた作品におきましては
それぞれの作り手の責任においてカスタマイズや加工、販売にご利用して頂いても
私個人は構いませんのでご自由に制作を楽しんで頂ければと思います。

堅苦しい前置きはこの辺にして始めたいと思います。

CIMG0109.jpg

タイトルコール:楽しみながらレジンクラゲを作っちゃおう♪ (ご一緒に♪)

【材料】UVレジン(ソフトタイプ)
    ポリエステル綿(ぬいぐるみ等に使用するそれ)または脱脂綿(コットン)や羊毛等を少々
    接着剤(エポキシ等)
    必要に応じて、レジン着色剤、アクリル絵の具、ラメ等の封入物、ヒートン、UVコート剤(UVニス)
    注:今回使用するレジンはUVなので不透明や濃い色は硬化の妨げになる場合があるのでご注意ください

【道具】UVレジンランプ(出来ればあった方が楽、お天気の時なら直射日光でも頑張れるかも?)
    竹ぐしや楊枝など細かい作業が出来るモノ
    おゆまる
    ピンバイスなどアクセサリー加工する際に穴をあける道具(ヒートンを使用しない場合は不要)

【必需品】晴れた空のお日さまの光
     寛大な心(特に重要)


では作り方のご説明。
 (注:晴れた日に行う事をお勧めします)

1.ボンドクラゲ同様かさの部分を作る。
  今回は手に入りやすい事と作成しやすいことからおゆまるを利用しました。
  作りたい大きさのかさの形をおゆまるで作成します。
  (ボンドクラゲで言うところのS字フックの型に当たる部分)
  この時やけどに注意して下さい。

  おゆまるで作った型にレジンを少し垂らし全体に竹ぐし等で広げかさの部分をコートします。
  もちろんボンドクラゲのように浸してから持ち上げても良いのですが今回は逆にしてみました。
  扱いやすい方法でどうぞ。

  続いて硬化させます。
  レジンランプに入れる際に垂れないように回しながらまんべんなくランプを当て
  ある程度固まったなと思ったら全体に照射させ固めます

  今回のクラゲは3回繰り返したのですが
  2回目の時に着色し、最後また透明レジンで仕上げました
  封入や着色もお好みで入れていくと良いと思います。


2.触手部分を作る
  アクセサリーに加工する際、触手部分が華奢なのでその耐久性について考えました。
  そこで使用したものがポリエステル綿やコットンでした。
  これらをこより状にしたものを使用する長さより長めに作り
  レジン液にくぐらせ今度はお日さまの光に当てます。
  ここもレジンランプで出来るならいいのですが、内部が狭いので
  お日さまにカーっと当てると直ぐに固まります(楽)
  
  レジン液にくぐらせるのは全部じゃなく使う部分より少し長め程度が良いと思います。
  余分なレジン液は竹ぐし等でこしてボタボタさせない方が綺麗に出来ます。
  (注:レジン液が手につかないように注意して下さい、手袋使用でも良いかも)

  必要な本数を作ります。
  今度はそれをひとまとめにし、残っている綿などでひとまとめにしたところを
  使う長さの触手に合わせ、まとめたところをレジンで固めます。
  触手に毛羽立ちがあるようならここで無駄毛処理を行うと良いと思います
  着色する場合もこの段階でどうぞ。

CIMG0089.jpg
こんな感じのパーツが揃いました(ややグロですがw)

ではここでポリエステル綿とコットンの違いをご説明
CIMG0090.jpg
両方ともこより状にしたものに透明のレジンをくぐらせたものです。
基本的にこの太さなら強度的な面ではさほど違いがありませんでした。

大きく違うと思ったのは写真でわかりにくいかもしれませんが
透明度と形状。

手前の真っ直ぐで白っぽいのがコットン
奥のギザギザして透明なのがポリエステル綿
手に入りやすいのと、加工しやすいのはコットンかな…と個人的に思いました
羊毛等毛糸もポリエステルに近いと思いますが透明感は多分ポリエステルの方が出やすいかもとも。
なのでお好みの触手に近い素材で作られる事をお勧めします。


3.組み立てる
  今回はアクセサリーに加工することを前提にしておりますので
  ここでかさの部分にヒートンを刺す穴をあけます。
  レジンが薄いと破れやすいので慎重に行ってください。

  次にヒートンを刺す長さを見ながら触手の塊りの長さを切り揃えます(上の部分)
  かさの部分にちょうど隠れるくらいが良いと思います。
  切った切り口にヒートンが刺さる穴をあけます。
  ちょっとここが難しい所ですが、コットンや綿など柔らかい部分が扱いにくい場合は
  一度全部レジンで固めて固くしてから作業すると開けやすくなるかもしれません。

  一度組み立ててみます。
  ヒートンが触手のところに隠れるように刺さればOK
  一度はずし、エポキシ等で取れないよう接着します。

  乾燥後、触手の塊りの部分とかさの部分の隙間にもう一度UVレジンを流し固めて完成
  これは外れにくい事と強度を保つ事に役立ちます。


4.仕上げ
  ここで完成でも良いのですが、念の為UVコート剤等を塗っておくとより強度が増すと思います。
  あとはお好みのアクセサリーに加工して下さい。

CIMG0112.jpg
完成の図
  

触手の部分はソフトレジンという事もあり多少曲がり弾力があります。
ただ、このへんの耐久性については特に販売を目的としている方は
それぞれの基準があると思いますのでご自身の判断でお願い致します。

また、アクセサリー用を前提として作りましたので
ストラップ等引っかかる危険性が多いものについては
強度が足りない部分もあるかもしれません
その辺の加工につきましても各自のご判断でお願い致します。


一応、特別な材料や道具を極力使わない方法ということで作ってみましたが
もっと高度な技術がある方等はご自身のやりやすい方法や道具材料を使用してお楽しみ下さいませ

多くの方の作る楽しみにお役に立てたらと思い記事にまとめてみました。
最後に、ソフトレジンを使用する件に関してはあり様よりアドバイス頂きました。


不慣れな説明にお付き合い頂きありがとうございました。
皆様にとって「つくる」が楽しいことでありますよう願っています


                                     KOH





  
  
  



PageTop

えっと・・・

年初めのタイトルに
「今年もよろしくお願い致します」と入れようか迷いつつ
平凡過ぎるよな何かひとひねり入れたい…
そう考えて結局決まったのが
今皆様がご覧になっているソレです。

人間考えすぎて拘り過ぎて結局「えっ結局それなん?」ってことがあったりします
まぁ人生そんなモノ
作品のクラゲではありませんが今年もゆる~くスタートです
ゆるくないのはウエスト位です。切実です!

昨年ツイッターにてボンドクラゲの作り方をお知らせしたところ
沢山の方に作って頂けて素敵な作品を拝見出来る幸せがまだ続いております
そんな中、きっかけとなった
あり様が素敵な作品画像を送って下さいました。
現在耐久性のテスト中という事なのでクリアできたらきっと
Creemaの方での販売になるかと思われます。

そんな素敵な作品画像をメールで送って下さったので
許可を頂きご紹介させて頂きます。
本当は他の方の作品も一緒にご紹介させて頂けたなら
同じ作り方からスタートしたクラゲたちが
その方々の手を通し、感性のフィルターを通し
皆さんそれぞれ個性ある作品に仕上がっている事がお伝えできるのですが
確認を取って無いので他の方のモノはツイッター上でRTという形で
紹介させて頂いております。

では早速あり様のクラゲ作品をどうぞ
あっその前に…頂いた画像は大きさを変えただけで他はいじらずそのままです。
(大きさ変えた割に画像大きいけどw)

2014-01-02-21-48-03_deco.jpg

ご覧頂いた通りそこに「魔法」という言葉が浮かんでくるような作品に
あり様のお言葉を借りれば
そのイメージする世界はポニョのオープニングのシーンのイメージから再現されているとか
青い光もカメラ上の反射や効果ではなく魔法をイメージした作品に仕上げるように
クラゲと一緒に封入されているモノだそうです。
まさに魔法の小瓶

現在は耐久性テストの為このような状態に
004.jpg

007.jpg
光が透けた感じもまた何とも言えません

手にしたら暫くの間はうっとり状態に陥るでしょうw

と、自分が作ったわけではないんですが(爆)
ここぞとばかりにご紹介させて頂きました。

先ほどあり様のブログとクリーマの作家ページのリンクを貼らせて頂きましたが
それとは別にリアルタイムであり様の作品を堪能されたい方は

 ツイッターアカウント アカウント名:あり@Petite-Hanna
              アカウント:@fjai6141

の方からの方がチェックしやすいかと思われますw


言葉にしちゃうと「綺麗事」と思われがちですが
やはり楽しんで作って頂ける事は凄く嬉しいなと感じます。

そこに至る背景はやはり
ハンドメイド世界の模倣問題があり
真面目な方ほど凄くそこを意識され必要以上に気を使いながら作成されているのを目にし
今回のボンドクラゲに対してもやはり気を使って下さる方がいらっしゃいました。

ハンドメイドの世界には「デザイン」という部分が存在しているので
その全てに同様にというのは無理かもしれませんが
少しでも作る自由さと楽しさを味わって頂けたのならば
今回のクラゲはそういう時点で良かったなと思いました。

ボンドクラゲさんも皆様お好みのカスタマイズをされていらっしゃり
そこから新たなクラゲが誕生したりと
いろんな方の創作意欲も拝見し私も刺激を頂いております

あり様のクラゲさんと同じくらい
多くの方のクラゲ作品が出来あがる事を楽しみにしています

ご覧頂いた方、RTして下さった方
そして作って下さった方に感謝しながら
年明けのご挨拶とさせていただきます。

今年もよろしくお願い致します


                                KOH

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。