神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

Lomi-Romiブースさんからのお願い事項

2013年6月29日(土)30日(日)
ポートメッセ名古屋2号館・3号館

o0300010612497228725.jpg


本日クリエーターズマーケットに委託している
Lomi-Romiさんの方から重要なお知らせがアップされました。

詳細はこちら

関係していそうな個所を抜粋させて頂きます。
(ひびきさんブログよりコピペ)


まずは初日6月29日土曜日の販売時間のお知らせ


★お願いその1販売開始時間★
これは前回クリマのお客さまに
「他のブースで出てる出展者が先に並んでしまうのはずるい!」
というトラブルがあったのですが、これに関して
私の方では一般のお客さんとあい出展者の見分けはなかなかつきません。
でも確かに出展者パスを持っている人が早く来てしまうのは事実だと思います。

なので販売に関して少しでも外で並んで来るお客様と公平になるように
販売開始時間を11時15分からにします
クリマのOPENは11時ですので外から来ても15分くらいあればたどり着くかと思います。

逆にこれ以上遅くすると人が詰まりすぎて他のブースに迷惑がかかってしまうかと思います。
11時15分から売り場で欲しいアイテムを探してください!
★当店の委託作家で「出展者パス」を持っているお手伝い作家に関しては11時30分すぎてからのお買いものになります。(一般チケットで入る場合は他のお客さまと平等なので特に制限はありません)



★お願いその2・問い合わせの多い作家作品について★
RainbowCream、CANDY☆BUNNYの作品は
開始2時間まではお一人様ひとつのご購入でお願いします。


陳列場所についてですが


こちら↓のMAPで見える290~292のブース
o0400049112571115280.jpg

拡大図がこちら↓になります。(スタッフ設営用の図面を元に作った図なのでわかりにくいですがすみません)

o0300040012588643217.jpg

こちらの赤い矢印の先のテーブルが天然石のワークショップ用のテーブルとなりますが
ワークショップの時間までの間、こちらに


RainbowCream、CANDY☆BUNNY、ひまころねんど。、sweeter、
My princess、神様の降りてくる時間


の6ブランドの陳列をさせていただきます。
(ワークショップ開始時には別の棚へ移動します)
上のMAPでいうと搬入口Dの通路側になります。
お客様同士が混乱で怪我などをされませんように考慮しましたので
お問い合わせのお客様はこちら側へ回ってお買いものしてください。

注:ワークショップ関連記事はこちらを参照下さい

初日でしたら 土曜日の天然石のワークショップの日程が
13時~16時  「ストーンカウンセリング付パワーブレス作成講座」 星野ひびき
(時間内随時/1回2名定員・20分程度石を選ぶ時間により異なる)
とあるので、13時前までは地図にありましたテーブルにございます。

その後はお手数ですがブーススタッフまでお声かけ下さいませ。
尚、多めに納品させて頂いたモノは在庫としてストックされていることもあるので
見当たらない場合は遠慮なくスタッフにお声かけ頂ければと思います。



と、私に関する事項は以上でございますが
もうひとつ重大な事柄が・・・


★お願いその3・天然石の販売時間とCANDY COLOR TICKET作品の展示時間について★
クリマは2日間あり、日曜日の18時までとなておりますが
天然石(星野ひびきの作品全部)とCANDY COLOR TICKETの展示品
を16時に撤収させていただきます。


他の販売品は18時までございますのでゆっくりお買いもの下さい。
2時間だけ早くなりますが16時には私は会場を出てしまいますので
星野ひびきに御用のある方は15時半くらいまでに遊びにきてください!

またCANDY COLOR TICKETの作品を見たいお客様も15時半くらいまでに
いらしてください。土曜日は終日大丈夫です。


最終日の日曜日のみ、カンカラさんとひびきさんの作品は終了時前に撤去になりますので
チェックされている方はどうぞ早めに行かれる事をお勧め致します。

ワンコインワークショップ担当講師は
土曜日・まみりん、たるとさん
日曜日・たるとさん、okiniさん、ピンクスイーツさん

その他天然石の通常ワークショップの他に名古屋スペシャルストーンワークショップ!
★スーパセブンさざれ&ストーンの組合せ(1万円)限定2名
★インカローズ8㎜&ストーンの組合せ(1万円)限定2名
★最高級ラリマー10㎜&ストーンの組合せ(3万5千円)限定1名
をすることが出来ます。これは通常のオーダーよりかなりお得なので
人数を制限させていただきますが、ずっと気になってた石を手にしたい人は是非この機会にどうぞ!特にラリマーはお得です><(市場5万円くらいのクラスの石です!)


それでは!


クリマ3号館 D-290.291.292 
お待ちしています!!



スポンサーサイト

PageTop

作品紹介~納豆とご飯シリーズ

o0300010612497228725.jpg

クリエーターズマーケット通称クリマに
Lomi-Romi様のブースに委託参加させて頂きます。

今回のクリマは会場が2号館と3号館にわかれているようでして
Lomi-Romi様のD-290.291.292ブースは3号館になるそうです。

詳細はこちらをチェック!→

出展作家さんのご紹介と共に
当日のご案内など重要な情報もアップされると思われますので
お出かけの前にチェックされる事をお勧め致します。


作品紹介もラストとなりました。
今回は委託と言う事で、デザフェスの個人出展とはまた別の感覚がございます。
一番大きいのは
人気があるそれぞれのファンを持つ作家さんの作品と共に
同じ会場に参加出来ると言う事。

その中のお一人は特に私にとっては恩人と言うより
産みの親の一人に近い存在の方でして
(年は私の方が上ですがw)
その方のおかげで今皆様の前に居ると言っても過言ではない
そんな存在の方と同じスペースに参加させて頂ける事は
感無量的な そんな気持ちもまたあったりします。
色々な方に感謝の気持ちでいっぱいです。

とはまた別に
ツイッターなどを通して私の作ったものを目にして下さった方
当日ブースへ行きますね と言って下さり感無量。。。
本当にありがとうございます。

沢山の作家さんの思いが詰まった素敵な作品と共に私の作品たちも
皆様のお越しをお待ちしております。


と、堅苦しい前置きが長くなりましたが
ラスト 納豆とご飯シリーズ。

そもそも納豆を作り始めたきっかけは
4月に入院した際に同室でお世話になった方に何かお礼を
と思い、「(食べ物で)何が好きですか?」と聞いたら
返ってきた答えが「納豆」だったと言う。。。(お菓子系で質問したつもりでしたが)
それ以上質問できず 頑張って聞き出せたのが
ひき割りじゃない方 と言う事でした(そこw)
そのお礼の品をきかっけに作り始めた納豆
入院する事が無かったら 納豆を作っていなかったかもしれませんw

ただでも長いのにアレなんですが
当初の納豆はこんな感じでした
RIMG2069_20130625111319.jpg

「ご飯は良いね」と言われたそれw
別の友達には「納豆だよと言われてもなんて答えようかと思った…」というダメだしw

そこから改良して行ったのがこちら
RIMG2096 (2)

最新版納豆とご飯のピンバッヂ

と言うのも、実はこの一個前の段階にデザフェスで出品した納豆があるのですが
デザフェスの時はちねり納豆
そして今回のクリマはもっと納豆のお豆の凹みやゆがみを出したくて
一粒一粒形成して作りました。
ちねりとは言え、しわ部分とか入れたんですが
最初から細工棒を使って納豆を作ったのはクリマ作品からとなります。

また以前にも書きましたが
私自身が納豆はさっくりとしか混ぜないので
パックを開けた時のあの白い状態の部分が何気に残っているのが特徴です。

RIMG2097s_20130625111928.jpg

襟元納豆や

RIMG2094_20130625111924.jpg

袖口ごはんなど
こちらはセットの販売になりますので
その時の気分で遊んで頂けたらと思います。

実はこの納豆とご飯シリーズは
こういう遊び心ある作品に仕上げようとしたため
基本は「ちょこっと」がポイントなので
金具の接着部分の大きさも含めピンバッヂが多いのですが
ブローチもいくつかご用意致しました。

そして、思い付きでもう一点
RIMG2084_20130625111921.jpg

髪の毛に納豆とご飯(爆)
現実においては絶対避けたい状況ですが
こちらも遊び心で作ってみました(勢いと言う奴です)


パッケージの方ですがこのような感じになりました。

ヘアピンの方から
RIMG2105_20130625112847.jpg

昔ながらの藁で包んだ納豆を消しゴムはんこでぺたぺた。

続きまして ピンバッヂ

RIMG2102_20130625112733.jpg
RIMG2104_20130625112845.jpg


ラスト ブローチタイプ
RIMG2100 (2)


ヘアピンはわかりやすいですが
ピンバッヂとブローチはパッと見わかりにくいと思ったので
下には表示しておきましたが
色々な作品がある中ですと自分ならかなり舞い上がって
普段より数倍注意力が落ちるので
これでもかとばかりに

RIMG2101_20130625112730.jpg

ピンバッヂは横並び
ブローチは縦並びに配置してみました。


と、大変長い記事になってしまいましたが
最後までお付き合い頂きありがとうございます。

会場は大変混雑していると思われますが
どうぞお怪我などないようイベントをお楽しみ頂けたらと思います。


PageTop

作品紹介~八つ橋・柿P・肉まん

o0300010612497228725.jpg

クリエーターズマーケット通称クリマに
Lomi-Romi様のブースに委託参加させて頂きます。

今回のクリマは会場が2号館と3号館にわかれているようでして
Lomi-Romi様のD-290.291.292ブースは3号館になるそうです。

詳細はこちらをチェック!→

出展作家さんのご紹介と共に
当日のご案内など重要な情報もアップされると思われますので
お出かけの前にチェックされる事をお勧め致します。



昨日は怒涛の更新のせいなのか
アクセス解析による訪問者数の数値が100を超えました。
うちにとってはかなり大きな数字で
普段は50も行かない
こっそり感が自慢のブログだったりします(ぇ?)

と言う事でこっそりと更新です(違)


まずは八つ橋
RIMG2085 (2)

元々は京都のchuu様への委託のお話を聞き
その時に「八つ橋なんてどう?」というお題を頂き
作り始めてみたのはいいものの
どーしても ラビオリ感が抜けず試行錯誤したのが思いだされますw

作り方も安定して来たので
今回の出品したものの中では一番低い525円(税込)で納めさせて頂きました。

パッケージはこんな感じ

RIMG2092 (2)

RIMG2093 (2)

続きましてこれまたchuu様時代に納めさせて頂いていた柿P
トヨタのイベントの時に初めて登場した柿P
多くの方に可愛がられている作品です(感謝)

一番最初は柿の種とピーナツの対比が今とは異なり
さまざまな方のわがまま貴重なご意見を頂き
現在は柿の種4.5vsピーナツ1.5の対比となっております。

RIMG2086 (2)

RIMG2089 (3)

今回のクリマ納品作品の中では一番の高額1575円で納めさせて頂きました
デザフェスと同じ価格設定です(デザフェスは税金が無かったけどw)
金額の差はこの細かいパーツと金具の接続が結構しんどいと言う理由です(笑)

パッケージは
RIMG2094 (2)

記念撮影の時目をつぶってしまったような
そんなシャイな半分のピーナツがポイントです(ウソw)

RIMG2095 (2)

こちらの柿Pはデザフェスでのクリマ販売告知用展示品として置いてあったものですが
柿P自体この時作ったものはかなり自分の中での納得がゆくもので
今まで作った中で一番凄いモノだと自負しております。
その中での展示用と言う事でトップクラスのこの一点を
クリマの方には納めさせて頂いております。
機会がありましたら是非ご覧下さいませ。


ラストは肉まん

RIMG2084 (4)

こちらもデザフェスにて告知展示していたものでして
展示の際には裏側の質感が見えるように特別公開していたのですが
クリマ納品の場合は裏は見えませんw
なので、ご購入頂いた方のお楽しみになっております。

パッケージはこんな感じ

RIMG2090 (2)

和でも洋でもない一番目立つカタチになっているかもしれませんw

RIMG2091 (2)

こちらもデザフェス同様840円(税込)で納めさせて頂いております。
以前作ったものよりも中の具がややレベルアップしているかと(当社比)

今回ご紹介したものは全て一点ものとなっております。
こちらもパッケージ込みで見て楽しんで頂けたら幸いです。


次の納豆とご飯シリーズでご紹介記事はラストとなります
もうしばらくお付き合い下さいませ

PageTop

作品紹介~明太子とたらこの根付

o0300010612497228725.jpg

クリエーターズマーケット通称クリマに
Lomi-Romi様のブースに委託参加させて頂きます。

今回のクリマは会場が2号館と3号館にわかれているようでして
Lomi-Romi様のD-290.291.292ブースは3号館になるそうです。

詳細はこちらをチェック!→

当日のご案内など重要な情報もアップされると思われますので
お出かけの前にチェックされる事をお勧め致します。



となりの芝生は青く見えるモノ
そんな感じで人様のブログに触発され
自分も背景の部分を模様替えしてみようと思い
ただでも使い慣れていないFC2
格闘する事30分…
ちょっと感じが異なりました♪

と言う事で続きですw

こちらもデザフェスにおいて販売予告展示品として持って行ったものです

RIMG2106_20130624001404.jpg

明太子と

RIMG2088 (2)

たらこ

亡くなった友人が明太子屋と言う事もあり
これだけは絶対譲れない
そんな思いがこもった作品となりました。
まだ、お母様の方にはお送りするモノは出来てないのですが
何かを掴んだ感じがします。

この完成品を彼は天国から笑いながら見てくれているでしょうか

こちらも各一点ずつとなります。


包装の方は

RIMG2096 (2)

こんな感じになりました。
こちら和物はヘッダー部分が手ぬぐいの柄になっております。
RIMG2098 (2)

こちらが最新バージョンの明太子。
スーパーなどにあるようなモノよりも
唐辛子の方が上品になっておりますw

RIMG2097 (2)

明太子を作る上での基本のたらこ。
確か両方ともうっすらと血管が入っているリアルタイプに仕上げてあります。


デザフェス分と合わせて3個ずつしか作れませんでした。
実際に作った数は20個位でしたが
そのうちの良いものを選び今回出品致しました。


当日会場でご覧いただければと思います


ではでは まだまだ続きますが
今夜はこの辺にて。。。



PageTop

作品紹介~枝豆

o0300010612497228725.jpg

クリエーターズマーケット通称クリマに
Lomi-Romi様のブースに委託参加させて頂きます。

今回のクリマは会場が2号館と3号館にわかれているようでして
Lomi-Romi様のD-290.291.292ブースは3号館になるそうです。

詳細はこちらをチェック!→

当日のご案内など重要な情報もアップされると思われますので
お出かけの前にチェックされる事をお勧め致します。



先日部屋着として今流行りのステテコタイプのそれを買ってみました。
凄く着心地は良かったのですが
これが何とうちのすずさんにはめちゃくちゃ不評で
お口をきいてくれないどころか警戒しまくって大変でした。
結局根負けした人間の方がすずが見えないようにとパジャマとして使う事に…

鳥は視覚からの情報が敏感なのか
たまたますずだけなのかわかりませんが見慣れない服装には凄く敏感に反応します
嫌いな模様ってのもあるようで
その辺も考慮し、もう一着今度こそ部屋着に出来るようにと
鳥にも受け入れられるような柄を選び恐る恐る来てみたら
やや警戒しつつも前よりは受け入れてもらえました。

が、鳥にはOKをもらえたのですが
今度は娘に「それは無いと思う…」とダメ出しが

いつになったらみんなから認められる服装になるのでしょうか…



ちょっとしんみりとしたところで本題です。

今回は枝豆を
こちらは当初展示のみでいたのですが
時間もあったのでクリマ用に作成してみました。
デザフェスの時もありましたキーホルダータイプ

RIMG2091_20130623231624.jpg

そしてデザフェスとは異なったワイヤーチャームタイプ
RIMG2092 (2)

こちらのタイプの良いところは
その日の気分でお豆の数や位置を変えられると言う事。

RIMG2093_20130623231630.jpg

お手持ちにカニカン付きのストラップ等ありましたら
そちらに付け替えることも可能。

RIMG2094 (2)

こちらのパッケージはこんな感じになりました。

RIMG2085 (2)

粋な感じの和紙と さちままさんの消しゴムはんこでおめかし。

RIMG2087 (2)

何気に押した さちままさんのはんこには
いつも助けて頂いております♪
これがあるのとないのでは 全然違いますから

RIMG2086_20130623231815.jpg

こちらワイヤーチャームは更にシンプルに

RIMG2088 (2)

ゴールドタイプ

RIMG2089 (2)

シルバータイプ

ちなみに裏の注意書きは全部印刷したものなので
デザフェスの時のような手書きで
「この子たちは摩擦に弱いです」と言うのは入っていないです
ニスはかなり塗ったのですが
ジャラジャラさせてなんですが毛深い分こすれると薄毛になってしまうので
出来れば注意してあげていて頂けると助かりますw

それぞれ各1点ずつ納品させて頂きました。
和物はまた洋物と違う雰囲気の包装となっておりますので
そちらの違いも楽しんで頂ければと思います。


と言う事で引き続きご紹介記事をアップして行きたいと思いますw

PageTop

作品紹介2~ドーナツ&コーヒー豆

o0300010612497228725.jpg

クリエーターズマーケット通称クリマに
Lomi-Romi様のブースに委託参加させて頂きます。

今回のクリマは会場が2号館と3号館にわかれているようでして
Lomi-Romi様のD-290.291.292ブースは3号館になるそうです。

詳細はこちらをチェック!→

当日のご案内など重要な情報もアップされると思われますので
お出かけの前にチェックされる事をお勧め致します。


お約束のコピペで失礼しますw

今日ツイッターで
『エキゾチックショートヘアをはじめてみた!』とあったので
どんな髪型だろうと思いクリックしたら
猫だったと言う。。。

きっと私だけじゃないよね…
そう思いたい一日でした(ぇ?



引き続きクリマ作品のご紹介を

RIMG2087 (2)

デザフェスでクリマ販売告知として展示してありましたドーナツにコーヒー豆を追加致しました。

包装後はこんな感じ
RIMG2088_20130623185858.jpg

ヘッダーは麻布を元にクリマ開催日の6月29日のカレンダー付きw
RIMG2085_20130623185856.jpg

台紙にはアンティークのカフェ伝票などあしらいました。


続きましてコーヒー豆のご紹介を

RIMG2100_20130623190525.jpg

光の反射でわかりにくいですがシルバーのピアス

RIMG2103_20130623190528.jpg

アンティークゴールドのピアス

パッケージはこんな感じに
RIMG2087_20130623190633.jpg


それとコーヒー豆のストラップ
RIMG2088 (4)

コーヒー豆はサブパーツとして使われるケースが多いのですが
主役に置いてみました。

こちらのパッケージは
RIMG2089.jpg

こんな感じになりました。

RIMG2090_20130623190712.jpg

こちらシルバー
わかりにくいですが 糸を台紙にあしらってありますw

RIMG2091_20130623190715.jpg

アンティークゴールドはアンティークなマッチの紙(だったはず)を使用してみました。

RIMG2092.jpg

ゴールドはカメラのパーツをいれたので
お花の切手をチョイス致しました。

どれも時間はかかりましたが 
楽しみながら包装させて頂きました。
楽しいひと時を感謝です。


では順次ご紹介記事をアップさせて頂きますので
引き続きお付き合い頂ければと思います

PageTop

作品紹介など~プラバンポテチ(海苔塩)

o0300010612497228725.jpg

クリエーターズマーケット通称クリマに
Lomi-Romi様のブースに委託参加させて頂きます。

今回のクリマは会場が2号館と3号館にわかれているようでして
Lomi-Romi様のD-290.291.292ブースは3号館になるそうです。

詳細はこちらをチェック!→

当日のご案内など重要な情報もアップされると思われますので
お出かけの前にチェックされる事をお勧め致します。



なかなかブログを書く気力まで到達できず延び延びになっておりましたが
いよいよ今週末クリマです。
私は行けないのですが当日は近くの静岡までは行っていそうですw

と言うどーでもいい情報は置いておいて
写真多めで参りたいと思います。

あっ、BGMかけよう…
ここ最近テラスハウスの影響もありサカナクションのAoiを聞いています(更にどーでもいい話)

RIMG2084 (5)


最近プラバンでの検索も増えてきたのでこちらからご紹介
プラバンポテチのブローチです。
焦げ色はさまざまですね ポテチはすべて海苔塩味にしております。

RIMG2089 (4)

単品ものは超リアルタイプとでもいうか
透明感が違います。

ブローチなので裏はこんな感じ(質感などあまりいじっておりませぬ)
RIMG2088 (5)
RIMG2091 (2)

同じような見た事がある画像が出てくるかもしれませんが
おさらいってことで(笑)

一方で複数タイプはこんな感じ

RIMG2094 (3)

本物はここまで色が濃くは無いはずですがw
こちらは最初に作っていたタイプで透明感はあまりありませんが
モチーフとしての場合こちらのタイプも可愛いような気がします。
この辺はお好みで現地で直接見てお選び頂ければと…

この不透明タイプはもうひとつ
ピアスタイプをご用意致しました。

RIMG2097 (3)


ツイッターを見て頂いている方は「しつこいなぁ」と思われるかもしれませんが
作品紹介だけだと当日会場で多くの作品の中探すのが大変だと思ったので
パッケージの方もアップいたしますので参考にして頂ければと。。。

RIMG2093_20130623135218.jpg

相変わらずなアナログ度90%な作りw
(そして画像の悪さも相変わらずw)

今回洋物は麻布のヘッダーにしてあります。
手縫いならぬ手描きのミシン目w

ポテチ面と袋を密着させたくないので一個一個箱を作りそちらへ
英字新聞が良かったのですがそれだとインクで汚れるといけないと思い
同じ英字柄の折り紙を手揉みして柔らかくし詰めました。
それだと何かわからないので手書きで下に作品を明記w

RIMG2094.jpg
RIMG2095_20130623135224.jpg

ちょっと赤ちゃんがかごの中で寝ているみたいに
作り手は見えてしまうのですがw

RIMG2096.jpg

複数タイプ

RIMG2098_20130623135906.jpg

双子ちゃん♪

RIMG2097_20130623135903.jpg

三つ子ちゃん♪

RIMG2100.jpg

ピアス♪

委託なので今回デザフェスと違い消費税が入ります。

初めてのプラバン作品で今後はわかりませんが
今回は735円(税込)~1050円(税込)で価格設定をさせて頂いております。

ちなみに私の場合価格は時価となる事が多く(笑)
以前より安くなるケースとその逆に高くなるケースもあります。

材料費と言う部分は基本にあるのですが
手間がかかるモノはその分高くなる傾向にあります。
ジャラジャラ系の柿P等はその類で
逆にある程度コツをつかみ安定して来た八つ橋などは
最初の頃より安くなっていたりします。

ポテチの場合はこの先どうなるかはわかりませんが
一番最初に取りかかった時より
明らかに工程が複雑になってきている気がします(笑)

どの作品もですが
ご覧頂きその時のその価格で納得頂き
お手に取って頂けたら幸いです。

また気分により作れるものと作れなくなるモノなど
結構ムラがあるタイプなので
その時のご縁として見て頂ければw

それとは別に
お買い求め頂く事が一番ありがたいのは当たり前のことではありますが(笑)
それとは別に今回の包装はデザフェスの時とはまた違った
楽しみながら包装した部分もあったりします。
効率が悪いのですが一つ一つの作品にあった包装を考えながら作業しますので
このポテチの場合もそんな感じに箱を作るところから始めました。

作品と共にそちらも見て楽しんで頂ければ
嬉しく思います

他のお目当ての作家さんの作品をお買い求め頂くついでに
そんなラッピングを含めた作品もチラッと見て頂ければ幸いですw


では引き続き デザフェス展示品の作品と
反響が大きい納豆とご飯の作品をまた何部かに分けご紹介させて頂きます。

PageTop

アマヤドリ展へ行ってきました。

クリエーターズマーケットの作品をツイッターでお知らせしましたところ
沢山の方にリツイートやお気に入り登録頂き
感謝する日々でございます。
本当にありがとうございます(礼)

と、こちらで申し上げていても
実はツイッターにはブログアドレスは常時載せていないので
ご覧頂いているかは不明なのですが(爆)


から梅雨と呼ばれていたのも何のその
台風の影響で雨が降ったりやんだりしている中
以前の職場のお友達と代官山で開催中のアマヤドリ展へ行ってきました。

代官山は相方と初デートしたブライス展以来かもしれません…

こちらアマヤドリ展はデザフェスをきっかけにツイッターで交流させて頂いている
ツメカさん サイトはこちら
ご一緒に活動をされているジョウヂさん サイトはこちら
のお二人の展示会でデザフェスの時にゲットしそびれたリベンジもあり
今回初日に直撃してみました。

少し早めに到着し時間を潰しながら
潰し過ぎて会場へお邪魔したのはオープンから1時間ぐらい後だったでしょうか
既にお客様とお話をされている様子を横目にしながら
徐々に徐々に近づいて行きました(ォィw)

あっ、話が長くなりそうなので先にゲットした子のご紹介を。

ちなみに今回のカメラマンは坂田さん(デジカメ)ではなく
スマ子さん(スマホ)にお願いしました。
えぇ夜だったので…(明るくなってから撮れよって話でもありますが興奮が冷めないうちにとw)

KIMG0478.jpg


我が家にやってきてくれたカエルちゃん(まだ名前はありません)

3色あったのですが 既に中間色的な落ち着いたグリーンの子は
既にお家が決まっていて
この子と もう一つ青いブルーに近い賢そうな子が居たのですが
元気なカラーの明るいこの子に決めました♪

KIMG0479.jpg

頭の上から台紙のイラストのくまさんが顔を見せてます(偶然)
おわかり頂けますでしょうか
オメメ一つにしても何色使っているんだろうという色使いと細かい仕事

KIMG0480.jpg

お腹には雨にちなんだ模様が描かれているのですが
写真だとわかりづらいですが虹のところとお空のところにある刺繍が
角度によりちょこっと光って素敵です。
どれだけの手間がかかってるんだ!という作り。

KIMG0481.jpg

頑張って光らないかなぁ~と角度を変えてみたけど
あまり違いが無い一枚(ォィw)

最初にツメカさんの作品を見た時に
まるで絵本の絵のような色使いと温かみのある作品だと
一目で虜になりました。
本当に色遣いもモチーフも一つ一つが可愛い!
そしてちょっとした部分に遊び心いっぱいな模様がちりばめられている

一緒に居たお友達が「このカエルの表情が良いですねー」と言うと
「ニヤケながら作っています」とのお返事が
作る事が楽しいと思って作られている作品は無敵だって思いました。

そしてツメカさんとはまた違った色使いの
ジョウヂさんの作品
「今」作ってらっしゃるのにそこに時間の流れというか
物語まで秘めてしまうようなそんな色遣いと表情

これってきっとその人の持つ記憶の一部に
作品に触れた瞬間アクセスし
その人の中の色々な記憶のイメージがそんな自分の中の物語を連想させてしまう
そんな魅力的な作品でした。

色使いも素材に使われている一つ一つの質感も
自分に無い部分なのでホント素敵な世界感でした。


そしてこれはサプライズ的な出来事ですが
ツメカさんのファンの方がちょうどいらしていて
ふと見るとご自身の作られたものを出されている最中で
折角なのでと一緒に拝見させて頂きました。

羊毛フェルト作品で中が空洞の作品って初めて見たんですが
それは凄い仕掛けがあって
二つ拝見した作品は 草食動物の頭がい骨をモチーフとされたモノのようでしたが
これほどまでに頭がい骨がお洒落に可愛らしく
しかも 可愛すぎないちょうどいいバランスで作られている作品は初めてで
骨マニアの私が見ても素晴らしい作品でした。


今日もカエルさんみて楽しい一日にしたいと思います♪


ではでは~



PageTop

カテゴリ増やしました。

o0300010612497228725.jpg

クリエーターズマーケット通称クリマに
Lomi-Romi様のブースに委託参加させて頂きます。

昨日チェックしましたところ
今回のクリマは会場が2号館と3号館にわかれているようでして
Lomi-Romi様のD-290.291.292ブースは3号館になるそうです。

詳細はこちらをチェック!→

当日のお知らせや注意事項、参加作家様のご紹介記事など
今後アップされると思いますので是非参考にしてみてください。


さて、作業中の作品等をチラッと(笑)
こちらはデザフェスの時にツイッターで反響が大きかった
納豆とご飯シリーズ。

正直、納豆が東海地方には受け入れられているのかどうか
不明なのですが(笑)
と言うのも確か、関西地区では納豆はあまり食さないと聞いたので
その境界線がどこなのかわからぬまま制作しておりますw

今回はデザフェスの時以上に
納豆を観察しながら制作してみましたw

RIMG2084_20130611095622.jpg

まずは大きさがわかりやすい画像からw
小さな一マスが5mmとなりますでしょうか。

RIMG2086_20130611095626.jpg

補強も兼ねてレジンコートしてあります。
本音を言えば、ニスの方がご飯の質感は出しやすいんですが
こちらはピンバッヂかブローチに加工予定なのでどうしても強度を優先する事に。

RIMG2085_20130611095624.jpg

通常ですとこの手のバリみたいな部分は綺麗にカットしてしまうのですが
あまりに粘りっぽい感じでタレが垂れているので敢えてこのままに(笑)

RIMG2088_20130611100015.jpg

全てではないのですが
たまにこんな糸引きさんも含まれています(笑)

RIMG2091.jpg

CMで見る納豆はもっと綺麗なつるっとしたお豆なんですが
我が家の納豆はそうではなくw
これはある方にも指摘頂いたようにしわのようなソレがあるようです。
パックに詰められてちょっと凹んだ部分とか

それよりも、一番目立つのはきっと白い部分が多い事ではないでしょうか?
何故なら私自身が納豆は「寝た子は起こさない」的な混ぜ方しかしないので
どうしても白っぽい部分が残る形に…
作者の好みの食べ方と言う事でお許し頂ければ幸いですw

これら納豆とご飯シリーズは
ちょこっとこぼしちゃった♪ というのが売りなので
どうしてもその面積が小さいところに加工する為
小さなブローチピンも用意しましたが
ピンバッヂの方がまとまりやすいような…
これから加工に入りますが パッケージにはその違いを入れたいと思いますので
お選び頂きます際はそこも一緒に見て頂けるとありがたいです(ちょっと先の話w)

こちらを含めクリマへの出品作品につきましては
出来次第ツイッターの方でも告知して行こうと思いますので
行かれる方はお気に入りにでもまとめて入れて頂けると
探しやすいかと思われます。
(デザフェスの時にそうしている方を見かけたので賢いなぁとw)


ではではまた~

PageTop

最強

あまりにプラバンプラバンと叫んでいるから
しまいに相方には

『プラ版作家に転向しちゃえばー?(笑)』

と、ツイッターで言われる始末(笑)


絵心があえばねぇ・・・
と言う以前に 
いろんな素材を どれ限定って言うわけではなく
楽しみたいって思っています。

何しろ自分自身粘土作家とは思ってないのですからw
羊毛もやるし
レザーもやるし
消しごむはんこも好きだし
広く浅くな感じで楽しんでいます


そんなプラバン熱は治まらず
いつもプラバンプラバンと言っているせいか
ツイッターでお世話になっている
キャラメルリボン ゆぅ*さまがわざわざ調べて下さって
プラバンの着色に色鉛筆が使えると言う情報が!

これは試すしかない!
と思い立ち
ポテチの余った部分でちょっと作ってみました。

本日の実験
 普通の色鉛筆でプラバンアートは作れるか?

実は色鉛筆と言っても 普段使ってるものとは別に
水彩色鉛筆や油性のものもあったりして
特別な色鉛筆じゃないとダメなのか?と思いながらも
家にあった普通のものでとりあえず試してみました。

最初絵を書こうと思いましたが
絵心が無いのでとりあえず直線(笑)
ごしごし塗った後、ちぎったカレンダーにあった文字を入れてみました。
(人の名前じゃありませんw)

RIMG2095.jpg

そのままでも良かったのですが 余っているUVレジンでコート
RIMG2101.jpg

裏側はラメ入りのマニキュアを一塗りしてからコート

RIMG2103_20130604144922.jpg

角度で表情が少し変わります

RIMG2104_20130604144925.jpg

プラバンを扱われていらっしゃる方からしたら
こんなの当たり前の事かもしれませんが
ホント楽しいし可能性半端ないw

これ作って思ったのは
誰でも手軽に始められる事。
色鉛筆やプラバンは今じゃ100均でも手に入るアイテム。
色付けて(絵を書いて)
オーブントースターの余熱で縮めて出来あがり。

余裕がある人はUVレジン等垂らすと
ちょっと立体的になりアクセサリーに加工するにはちょうどいい感じに

例えばだけど
自分が持っている洋服の色や柄に合わせて
プラバンに色を塗ったり書いたりして
アクセサリーパーツを作れば
いくらでもおそろいのアクセサリーが手軽に作れちゃう。

イヤリングやピアス
ブローチやネックレスの土台さえ手に入れれば
カスタマイズして楽しむ事も出来るし
オリジナルのアクセサリーを楽しみたい人には
お手軽だしぴったりだと思いました。

絵心ある方ならなおの事
とっても素敵なものが出来ると思います。

お姉ちゃんとか近くだったら一緒に作りたいのになぁ(笑)


これから最後の仕上げのラッカーでも塗ってみたいと思います。
って誰が使うんだ?って話ですがw

ではではまた~

PageTop

雑念消る

ドラマ『ガリレオ』風に言えば
タイトルの読み方は「ふっきる」となります(謎)
こんにちは。

デザフェスが終わり、次のイベントはこちら

o0300010612497228725.jpg

6月29日・30日にポートメッセ名古屋にて開催されるクリエーターズマーケット
こちらのイベントに
Lomi-Romi様のブースD-290~292に委託参加させて頂きます


私以外にもそれは誰もが一度は現物を見てみたい!
と思う憧れの作家さんが多く参加されていらっしゃいます。
詳しい情報ははLomi-Romiさんのブログで告知されますので
当日の注意事項なども含めチェック頂く事をお勧め致します。

また近づいて参りましたら
委託させて頂く作品のご紹介も少しずつさせて頂く予定です
今回こそはデザフェスの時のように
後から紹介にならないように気を付けます(爆)

メインはデザフェスの際展示していた作品になりますが
それと共に、今回新しく作ったプラバンポテチや
デザフェスの時からリクエストが多かった納豆とご飯シリーズ
また、私物展示の為今回含まれていなかった枝豆も間にあうようなら
追加納品させて頂く予定で制作の方を進めて行こうと思っております。

とは別に、今回久しぶりの粘土に触れたきっかけの作品は
展示品のオールドファッションにプラスしようと思ったコーヒー豆
コーヒー豆はほとんどがサブパーツとして使われている作家さんが多いと思いますが
私自身このパーツの魅力である渋さを活かした作品に仕上げて行こうと思い
今回も28個作ってみました(笑)
どうなるかはわかりませんがw


ここで本日のタイトルにちょっと触れたいと思います。
【ふっきる】

相方のブログで既にご存知の方もいらっしゃると思いますが
粘土関係の方々とランチをして参りました。
その時に相方から言われた言葉が
「ポテチを見た時正直ショックだった」と言うようなソレ
それを聞いた私自身がショックだったので
その相方が言うところのショックが何に対してかは確認する事が出来なかったんですが
その後言われた「野菜チップスは作らないでね♪」という冗談なのかどうなのかわからない一言で
作品モチーフ選びの事なんだな…と思いました。

これは多くの作家さんが必ずぶち当る事だと思うんですが
パクったパクらない
被った被らない
そこを非常に気にしながら気を使いながら制作に取り組んでいる人は多々いらっしゃると思います。

デザイン性のあるものをそのまま意図的に作れば
それは悪意と呼ばれるものかもしれません
でもモチーフに関して言えばそこをあまり気にしすぎると
何も作れなくなってしまいます。

正直ドーナツに使うコーヒー豆を作る時も
「あ、これ相方が作っていた奴だからまた言われるかな・・・」とか
「デザフェスの時あたし作っていたから今回は言われないかな・・・」とか
悶々と考えながら作ってみたものの
ちっとも楽しくない!!!!(爆)

作る上で「楽しい」と言う気持ちは 
材料である樹脂粘土と同じくらい必要な素材です。

ここで注目すべきは
まだ相方は何も言っていない と言う部分です
そう自分自身が気にしすぎて参ってしまった状況
このループは結構地獄です。。。


そんな状況を友達に話しながらふと気がついたのが
「あたしは何のために作ってるんだ?」と言う部分。

何かで呟きましたが自分のそれは

 小さな小瓶に手紙を書いて海に流す行為と似ていて
 その小瓶を誰が拾ってくれるのか
 拾ってくれてもアクションを起こすとは限らない
 でも、その見えない誰かに向かって自分のメッセージを送ることで
 遠いどこかでそれを見つけて読みとってくれる人が居たら
 幸せだな

というそれでした。
初心って言う奴です。

それに気がつけた時
必要以上に気にしすぎて 
誰からでもない自分自身が自分を不自由にさせている
そんな事に気がつきました。

黙々とその小瓶にメッセージを詰める作業をすればいいんだ

と思えたら 何かが吹っ切れた気がしました。

楽しい気持ちで作ったものじゃなきゃ
出品する意味が私にはないので
吹っ切れたのはかなり大きかったと思います。

で、改めてコーヒー豆です(笑)

RIMG2088.jpg

今回作ってみて思ったのですが
この必要以上にしわが多いのが自分のコーヒー豆なんだなぁと。

モデルさん達との記念撮影
RIMG2093_20130603104449.jpg

全部で8豆のモデルさんが我が家にはおります。
コーヒーショップや喫茶店にて
コーヒーを専門に扱う方に「コーヒー豆っぽい豆を下さい」とお願いし
選んで頂いた豆なので種類は多様です。

この中から自分が認識したコーヒー豆のイメージを具現化したのが私の作品となります。
つまりはイメージのブレンド豆ってことでしょうかw

加工の都合上現物よりかなり大きく作っております
ヒートンを指す為w
そして現物よりしわがきついかなぁとも思いました。
近づける事は出来なくはないのですが
なんか自分の中のイメージがそっちなので今回はイメージ優先で行こうと思います

 リアルなものをリアルに作るだけがリアルじゃないので

と言う事で、検索キーワードにもあった
納豆と枝豆を作って行こうと思います。
豆繋がりで(ぇ?w)

もちろん 楽しみながら(ニヤリ)


ではではまた~

PageTop

逆の発想

先ほど

『猫はポテチで釣れるのか?』という実験を試みてみました。

用意したのはこちらのポテチ

RIMG2094 (2)s

釣りざおの先に餌を付けポチっ(メール送信の音)

暫し待つ事10分 掛った!!!

リールを巻きながら(受信画面を開く)釣れた獲物を見てみたら

「一番好みはすっぱムーチョ梅味♪」という内容が…

柿Pやプラバンに負けないくらい
ポテチの世界の奥の深さを知った出来事でした(謎)

折角なので他の写真も

RIMG2097 (2)

プラバンなので気泡は難しいんですか?と聞かれたので
控え目ですが多少再現をw

今回はブローチにしようと思ったので
思いっきり表になる部分を膨らませたので
裏はその分凹んでいますw(細かい気泡以外の部分)

RIMG2103_20130601172342.jpg

課題だった透け感
今までの中で一番理想に近いものが出来ました(満足)

これがコンスタンスに作れるかはわかりませんがw


プラバンを始めたきっかけの作家さんがいらっしゃいます。

 PANIC PARTY の SHOCOさん

ツイッターがきっかけだったのですが
その世界は衝撃的でした。

プラバンがこんなに可愛くおしゃれになるなんて!

絵もモチーフも全て好みでホント衝撃的でした。


そのSHOCOさんから頂いた言葉の中にこんな言葉がありました。
(ご本人の了解を得てコピーさせて頂きます)

 色々な方のブログとか見ましたがKOHさんの様なプラ板のアイディアの方はいませんでした。私の意見ですが、プラ板をやる方はまず曲がる事を避けたいと思いますしプラ板自体を何かに見たてるという使い方はなかなか思いつく事ではないです>_<すごいー!目の付け所に脱帽です


この言葉を頂き思ったのは
通常ならまっすぐが基本であり くしゃくしゃするなんて言語道断な扱いを私はしたんだなと
常識という概念を
元々の常識が無いからあっさりと破った

わかりやすく言うと
固定概念と言うモノは何かを作り出すうえでは
とっぱらった方が自由な発想が出来るんだなぁ と言う事でした。

 
粘土だけに拘っている作家さんもいらっしゃいます。
それはそれで一つのポリシーでもあり素敵な事だと思います。
ただ自分はあまりそういう一つの素材を突き詰めると言うよりは
使えそうなものを使っていくと言う組み合わせもありなので
今回のポテチではないですが
いろんな素材と合わせながらもっとプラバンを楽しんで行けたらと思います。
多分私が知らない可能性はまだまだいっぱいあると思うので
楽しみですw

ではではまた~♪

PageTop