神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Fake Sweetsdeco Special Celebration 2012 TOKYO

おはようございます。
Fake Sweetsdeco Special Celebration 2012 TOKYO
のイベントに参加させて頂きました。

一夜明けての更新です。

当日本来の到着予定時刻より遅刻して会場入り
ひびきさんたちがブース設置を始めている中お手伝いに。
なんとかぎりぎりで間に合ったブースの様子はこんな感じに
(人が入り始めている隙に撮ったので大雑把ですがw)

RIMG4171_20120715095717.jpg
RIMG4172_20120715095716.jpg
RIMG4173_20120715095715.jpg

この状態でおわかりかもしれませんが
私のポジションが めいぃびすさんはじめ 人気作家さんの間という
おそれおののく場所でした。。。

なので本来なら
どのイベントでも完売の札しか見た事が無い
めぃびすさんの作品を見れる距離に居たにもかかわらず
お手伝いに必死過ぎてちゃんと見てなかったという(笑)

そしてめぃびすさんの棚はあっという間に
「ここ何で空いているの?」という空間に(笑)
早かったですー

その中で 自分の作品を持ってレジの列に並んでいる方をお見かけしたのですが
小心者なので 心の中で
「あーありがとうございます。。。」と手を合わせつつ
一旦会場の外へ

RIMG4175_20120715095714.jpg
場所が場所なのでこんな風景が見えています。

エレベーターの前に居ると
個人的にとても大好きな作家さんがいらっしゃったのでごあいさつ♪
会場へご案内し

その後ぶちょことケンオウ氏とお友達のかもちゃが合流
ご挨拶を済ませ
二人は会場をぶらぶら

そして、話をしている間に
あんころさんが到着

会場を見ながら
ひびきさんにご挨拶をし、一旦ぶちょ、かもちゃ、あんころさんと
お昼を食べに

腹ごしらえしてスカイツリーへGO!

と言っても 個人的にはスカイツリーよりもコクーンビル派(新宿)
もともと東京タワー世代なので人が騒ぐほど良いとは思えずいたのですが

RIMG4179_20120715095713.jpg
下から眺めるスカイツリーは別物だった(迫力)

RIMG4189_20120715095712.jpg
こんな写真を撮りつつ(笑)

帰りには
RIMG4199p.jpg
もはや何?ってのを撮って遊びつつw

あんころさんは ここでお別れ

私は撤収のお手伝いがあるので会場へ
と、ここでぶちょとかもちゃも一緒に来てくれて
終わるのを待っていてくれました。

その間に、仕事を終えたリックさんが合流し
わずかな時間でしたが会場を見て頂き
明太子を買って頂きました。

彼とのつながりは 明太子屋だったので
何かジーンと思いつつ
撤収作業の間3人はエレベーターの前で待っていてくれ
この日のお楽しみ 飲み会へと(ォィw

RIMG4204_20120715095807.jpg
ちなみにこれはお隣の会場。
今日の終わりにはこんな風になっているのだろうか・・・

どこで飲む?という話から移動しやすい上野へ
リックさん かもちゃ ぶちょ 私 という前回同様のメンバーで(笑)
リックさんとぶちょ
かもちゃと私 というならびで飲んでいたんですが
4人ともアメブロ仲間という共通点だけで
年齢も性別も違う者同士が集まるってのも楽しいなと

特にこのぶちょとリックさん
話がかみ合わない(爆)
噛みあわないんだけど何故か見ていて楽しい
むしろそれを楽しんでいるかのごとく
いろんな話をしてました。

ブログの事や
亡くなった明太子屋の事
リックさんの恐怖体験談とか
電車の時間の関係で 時間切れでお開きになったのですが
決着がつかなかった話は
次回持ち越し となったようで(笑)

大人になってから
こういう集まりができるって良いなってしみじみと思いながら
家路につきました。

イベントでは 色々と学ぶところもあり
いい経験をさせて頂きました。


一つ残念なことと言えば…
動物モチーフ絡みの作品もあったのはあったのですが
大抵 猫 ウサギ 犬 パンダ あたりで
鳥などが少ない!

鳥絡みのものがあったら
嬉しかったのに。。と(そこかよ!w

デザフェスギャラリーの時に買いそびれた作家さんが
今回も出展されていたので
母へのお土産として一つ購入させて頂きました。

それ以外は…
どうもこの日鳥モードに入っていて
鳥絡みのものを探していた為
他のものが買えず。。。(融通が利かない奴)
アレでしたが…

楽しい一日でした


ホントにありがとうございました(礼)


ではでは~

スポンサーサイト

PageTop

いよいよです。

2012.7.14バナー300px
こちらのイベントに参加させて頂きます。

開催日:2012年7月14日(土)、15(日)
入場料:2日共通1,000円 入場券当日発売
  中学生以下(中学生は学生証提示にて)入場無料
時間:14日(土)10:00~17:00、15日(日)10:00~16:00
場所:都立産業貿易センター台東館(台東区花川戸2-6-5)
主催:スイーツデコアート協会


いよいよ明日に迫ってまいりました。
24時間後の今頃は戦場でしょう(笑)

振り返ってみると 結構精神的にハードな中ここまで来たような気がします。
というのも
5月に友人であり、作り手としてのバックボーンであった
一結堂氏が他界し
飼っていた文鳥のさくらは
10年という年齢を迎えその最後の時を迎える状態に
うちは小鳥なので大型犬のそれよりは介護は楽なのかもしれませんが
それでも 体調が悪い日はずっと抱っこしながら
夜も上の子と交代で
旅立つ時 寂しくないようにと
その途中でもう一羽のゴンちゃんが 何を思ったのか先に旅立ってしまうし。。
そんな状態で過ごしながらの制作だったので
なかなか思うように進まない事もありましたが
それでも 自分の好きなものが作れたような気がします。

委託作品一覧をご覧になられると
その統一性の無さ を感じるかもしれませんが(笑)
出来あがったものを手に取った時
ぜーんぶ自分が好きなものばかりであることに気がつきました。

好みはもちろんあると思いますが
どの作品もすべてが
楽しみながら作ったものなので
手に取って頂いた方がその瞬間 ニヤってして頂けたらと思います。


ぶっちゃけ
自画自賛しながら作りましたよ(爆)
自分っててんさーい♪って(アフォ)

でもこれくらいじゃないと
人に勧められるものって 出来ないんだと思います。
そんなモチベーションで制作しました。

また今回のイベントは
売るという目的よりも
ひびきさんの懐をお借りして
自分の作るモノの展示会的な意味合いも
勝手に込めてみました

なので作品も京都委託時代のものから
今作っているものまで取り入れてみました
ある意味歴史的な要素も若干含んでおります。

コーヒー豆や パプリカ 歯は無かったけど(爆)

30点という数は
多いようで結構あっという間でした

この場をお借りして
この機会を与えてくださったひびきさんと
それに結び付けてくれためぃびすさん
いつもブログを見てくれている方や
ツイッターで絡んでくれている方
当日会場まで足を運んでくれると言ってくれた仲間
遠くから応援してくれている人

その皆様に感謝の気持ちを込めて

ありがとうございます。


最後に一言

世間から遠ざかっていくこの視力(注:老眼ともいう)
変形性関節炎(これも老化らしい)
等の状態で いつまで作れるかわからない
といった私に
「そう簡単に引退はさせない 表現方法はいくらでもあるから」
と言いながら
あたしより若いくせに とっとと天国に旅立った明太子屋


ちゃんと明日空の上から見ていろよ!(怒)

と言いたい(笑)


勝手に行きやがって
言われた通り老体に鞭打って頑張るから
その時まで待ってろよ!

と、その意思を受け継ぎながら
一つの区切りとして明日はイベントに参加したいと思います。


では明日会場で
皆様をお待ちしております(作品たちがw

PageTop

追加納品分のご紹介

2012.7.14バナー300px
こちらのイベントに参加させて頂きます。

開催日:2012年7月14日(土)、15(日)
入場料:2日共通1,000円 入場券当日発売
  中学生以下(中学生は学生証提示にて)入場無料
時間:14日(土)10:00~17:00、15日(日)10:00~16:00
場所:都立産業貿易センター台東館(台東区花川戸2-6-5)
主催:スイーツデコアート協会


ご紹介記事もラストとなりました。
追加納品分のご紹介です
そのほかの分については こちらと同じカテゴリの
フェイクスイーツデコのコーナーをクリックしてください。

RIMG4171 (4)
柿Pストラップシルバー 価格1000円(予定) 一点のみ

RIMG4181.jpg
お赤飯キーホルダー(最後の一口バージョン) 価格1500円(予定) 一点のみ

RIMG4188.jpg
チョココロネストラップ 価格1000円(予定) 一点のみ

RIMG4185.jpg
クリームパンストラップ 価格1000円(予定) 一点のみ

RIMG4186 (2)
ソーセージとポテトのキーホルダー S2-P3 価格1500円(予定) 一点のみ

RIMG4187 (2)
ソーセージとポテトのキーホルダー S3-P2 価格1500円(予定)一点のみ


以上となります。
予定とありますが なにもない限り確定です(笑)


当日のご参考までに

ではでは

PageTop

じゃら豆

2012.7.14バナー300px
こちらのイベントに参加させて頂きます。

開催日:2012年7月14日(土)、15(日)
入場料:2日共通1,000円 入場券当日発売
  中学生以下(中学生は学生証提示にて)入場無料
時間:14日(土)10:00~17:00、15日(日)10:00~16:00
場所:都立産業貿易センター台東館(台東区花川戸2-6-5)
主催:スイーツデコアート協会


吾輩は枝豆である 名前はまだ無い

そんな状態だったのに 
巨匠が放った一言で この子たちに名前がついた
その名は

「じゃら豆」

かの巨匠 レインボー氏が名付け親

と言っても
此処のブログお知らせしたないからきっと
見てないと思う。

見てないと知りながらもあえて言わせてほしい

「レインボーさん お名前頂きました♪」(事後報告)

きっと風の便りに伝わるはず(他力


という事でさっき書きかけの記事がエラーで消えた痛みを何かにすり替えながら
ご紹介ラストになりました。

RIMG4178.jpg

じゃら豆 シルバーとゴールドのワイヤーチャーム

見て頂いておわかりの通り
それぞれの色が若干違います
ゴールドの方がくすんだ感じにまとめてみました。

これは 単なる好みの問題で
どちらが好みかわからなかったので両方作ったという
まるで消去法の逆をいく保険の賭け方w

RIMG4180.jpg

こちらにはそれぞれ 根付とストラップがついています

RIMG4187.jpg

こんな風にその日の気分でお豆を連れ出してあげられる
画期的ー♪ と喜んでいたのもつかの間
よそ様のブログにお邪魔した時
同じ事をしている方が居て
あぁ普通なんだと…
自分は普通だったという事が証明されホッとしました(アレ?

RIMG4189.jpg

普段「普通だよ」と言っても
「変わっている」とか「独特」と言われるので
こんなささやかなシーンでも ちょっと安心する自分が居ます(照)

RIMG4191.jpg

何故そんな誤解を受けるのか
よくわかりませんが
まったくもっての 小市民です
どちらかというと目立たないタイプです

RIMG4195.jpg

ひっそりこっそり が座右の銘ってくらい
地味ーに生きています。
作品のタグにブログURLを入れないくらいに(ぇ?

RIMG4212.jpg

って枝豆の話でしたっけ?
すっかり脱線している間に 終わってしまいました(汗)
こんな感じでパッケージされています

じゃら豆こと 枝豆ワイヤーチャーム  色/シルバー・ゴールド 1500円(予定価格) 各一点のみ



以上、今回の出展数30点すべてご紹介させて頂きました。
もともとが30点という基準があったのでこれでもよかったのですが

乾燥に若干時間を取った チョココロネとクリームパン
お赤飯ミラーのその後のちねり米たち
そして柿Pかんばーっく!

次週この3本でお送りいたしまーす

                           いたしまーしゅ♪(次週予告かよ!


って 最近サザエさん見てないんですが
ちょっとやってみたくなったので(出来心というソレ

ひびき様より追加納品の許可を頂いたので
追加で納品できるものができましたらそちらもまた
ご紹介させて頂こうと思います。


数日に渡り 此処まで見て頂いた皆様
ありがとうございます。

では当日 皆様をお待ちしております(作品がw)



ではではー
おさしみなさい(ペコリ

PageTop

初物

2012.7.14バナー300px
こちらのイベントに参加させて頂きます。

開催日:2012年7月14日(土)、15(日)
入場料:2日共通1,000円 入場券当日発売
  中学生以下(中学生は学生証提示にて)入場無料
時間:14日(土)10:00~17:00、15日(日)10:00~16:00
場所:都立産業貿易センター台東館(台東区花川戸2-6-5)
主催:スイーツデコアート協会


RIMG4186.jpg

今夜も イベントに委託させて頂く作品のご紹介です。
枝豆ストラップ ゴールドとシルバー
各700円 各一点

ふと振り返ると このイベント確か・・・

フェイクスィーツデコ と一番最初にタイトルコールしているイベント
なのに 明らかに スイーツではなく むしろ真逆の
おつまみ系(笑)

一番最初にお話を頂いた時
めぃびすさんにも
「とりあえず 自分の中で作品が10点出来上がったら考えます」
と言った記憶が

というのも 私の場合自分の作りたいものをその時に作るのが
一番出来が良いものなので
そんな風にお答え致しました。

人気がある作品というのは
京都でも デザフェスでもおおよそわかるのですが
需要の多いものを作って提供する
という やさしさは 実はかけらも持ち合わせておりません(笑)
それは鮮度に欠けるから

そして今回偶然この時期だったというのもあるのですが
たまたま自分の中での旬だったのが
この枝豆でした。

きっかけは「なんとなく」だったのですが
出来あがったものは 満足いくものだったので
今回こちらをメインに据えて行こうかとそんな風に思い
作家紹介の画像には
新旧のイメージで 柿Pと枝豆を入れさせて頂きました
(と言っても画像を送っただけでひびきさんのお世話になったわけですが・・・汗)

というわけで
ご紹介記事ラストは 枝豆のワイヤーチャーム(通称:じゃら豆 命名:レインボー氏)ですw


ではまた。



と思ったら 画像見たらまだ一枚写真が残っていたのでこちらもw

RIMG4213.jpg

こんな状態でお待ちしていまーす♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。