神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

今年もよろしくお願い致します。

気が付けば…
前回の更新から2か月ぐらい経っておりました(汗)
年末年始のご挨拶はおろか
新年のご挨拶もしようしようと思っていたら
今日は鏡開きの日。

ちょっとだけ浦島太郎の気持ちに寄り添えました(謎)

コホッでは改めまして。
昨年も多くの皆様にお世話になりました(礼)
今年もまたよろしくお願い致します(礼)


さて今年の予定ですが
現時点で確定しているものが
こちら
_9eSvQ4q.jpg

我流祭 肆式
場所は大阪心斎橋にありますA stair様にて
2月27・28日の開催予定でございます。
詳細は我流祭サイトの方にてご確認下さいませ

ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが
私の最初の活動場所は京都からのスタートでしたので
ある意味関西はそれ以来となるでしょうか
普段関東でのイベントが多いのでこの機会に現物をご覧頂けたらと思っております。

この他話を詰めているイベントがございますので
詳細がわかりましたらまたお知らせさせて頂こうと思っております
(こちらは関東)

そして
「今年も出展出来たらいいな!」と願っているイベントが
7月23・24日開催の
博物ふぇすてぃばる
こちらは審査がある為どうなるかわかりませんが
エントリーはさせて頂こうと思っております。
出展者なのかお客さんなのかわかりませんが行く予定です!
それくらい好きなイベントなので♪

こんな感じで現在予定しております。
昨年以上に前半忙しくなりそうですが
楽しみながら進めていけたらと思っています。


という事で年初め一番最初に作ったのが
珈琲豆でして。
CIMG6584.jpg

今回も生豆・焙煎・深煎り焙煎・丸豆と4種類に
CIMG6587.jpg
CIMG6586.jpg
CIMG6585.jpg
CIMG6589.jpg

こちらを加工して行こうと思います。

ではまた!




スポンサーサイト

PageTop

クラゲ

クリマが終わり
博物ふぇすがどんどん近付いてきています。

中でも
ガクモンからエンタメという提出物があるのが
このイベントの特徴で
正直この手のプレゼン用作品制作は決して得意ではないのですが
学生気分を味わいながら楽しんでいますw

実は最近またボンドクラゲを作り始めているのはその影響だったりします(笑)

CIMG4560.jpg
こんな物や

CIMG4606.jpg
これはバリ取り前の出来たての奴

CIMG4612.jpg
その後ある程度の形に仕上げたものとか

この辺を展示用として持って行こうと思うのですが
実は
この作品を見た友人がポツリと
「この作品は君の作品っぽくないね」と

ボンドクラゲはその人が指摘した通り
自分のレシピではあるけれど
そのものが あり様 という大好きな作家様をきっかけにした
他の人に【提供するレシピ】でもあったので
自分のものではあるんだけど
自分のものじゃないような
そこを見抜いたんだなぁと 驚きもあり嬉しさもありな事がありました。

その人曰く同じクラゲを作品にするなら
もっと違うアプローチをしてくるだろう とのことでしたが
その通りで(笑)
私が自分のクラゲ作品としているのはこちら

CIMG4457.jpg
プラバンのクラゲの方だったりします。

手描きなのでリアルさに関してはどうなのか?という感じもしますが
個人的にはプラバンの上に乗せたレジンの1~2mmのこの厚みの中に
如何に3D的な立体感を閉じ込められるか?
そこに醍醐味を見いだしているわけで
その友人も「これならわかる」とw

まぁ好みはそれぞれあると思いますが
なんというか 今日その出来事を記事にしたのは

こういう【色々と見抜く人】が結構周りに居るのですw

そしてモノづくりってのは案外こういう作り手の気持ち部分が
滲みでちゃう 溢れだす部分が
第三者の人が見て感じる【個性】じゃないかと常々思っているんです。

その個性は十人十色で
みんながみんな好きというものは無く
みんなが好きな数がイコールその人の評価や価値に繋がるものではないのですが

上手く言葉にするのは難しいのですが
なんとなくこの部分
つまりはモノを作る人はその滲みでちゃうような溢れだす部分ってものを
もっと追及して行けば それがその人の【個性】になり
その人の作品として認識されるんじゃないのかな と思うのです。

ちょっとしたうわべの形状だけに振り回されず
魂の入ったドーンとした作品になるんじゃないかなって



ハンドメイドの世界は悲しい事に
パクったパクらない
似ている似ていない
被った被らない とそれはとても不自由な部分も時に目にします。

悪意あるものもあったり
知識が足りなかったものもあったり
色々ケースはあると思いますが
多くは その人の中で浮かんだことが
たまたま別の人も似たような時期に浮かんだり
もしくは 誰かの無責任な「似てるんじゃない?」発言により
怖くなって作れなくなってしまったり作るのをやめたり

こう・・・
後者の方が原因で 作れなくなる損失 の方が大きいような気がするんですよね
実際 比べた事は無いのですが
それ自体がハンドメイドの世界の発展を狭めていたら…
なんていう危機感も感じたりするのです。

とはいえ私自身全てのレシピ公開はしていなく
むしろしないタイプでもあります。

その私が大好きな作家さんをきっかけに
このボンドクラゲはレシピを載せてそれをきっかけに皆さんに役立てて頂けたら
って思い初めて公開することに致しました。
と同時にどこかで自分よりももっと活かしてくれる人が多くいるだろうな
という思いがあったのも正直なところです。

当時いくつか作品を拝見したのですが
やはり皆さん個性が出るんですよね
もちろん基本からそれぞれの方がカスタマイズされ
自分のクラゲを作り始め作品にして下さっているからなんだと思いますが
そこが大事かなと思いました。

そのまんまじゃなくて
自分自身で自分の【モノ】として昇華して行く力
多分そのお一人お一人の【好き】の気持ちが作品に入り込むことにより
個性に反映したのではないかと感じています。

【好き】を極めて自分のオリジナリティーに繋げて行く
ボンドクラゲをきっかけにその感覚を感じ取って下さった方が
もしお一人でもいらっしゃったら本望でございます。


と、まとまらなくなりましたが(いつものこと)
そんな気持ちも込めて 
ボンドクラゲ達が多くの方に活かされて行く事を願っています。


ではでは。






PageTop

作品が思い出させてくれた事

一つの作品から
忘れていた初心ってものを思い出させて貰える事がある。

モノ作りをしていると
色々な感覚に出くわす事がある。

ではまず作品の画像から(似たようなのがいっぱい続きますがw)

CIMG3780.jpg
茄子を作ってみた。
大きさは思いがけなく小さくなった。

実際はヘタをどうやって作ろうかと思った実験のつもりのものだった。
CIMG3787.jpg
CIMG3789.jpg
思いのほか良く出来たと思う。
自分で言うのもなんだけど

CIMG3791.jpg
CIMG3794.jpg
傷がついているのはおわかり頂けるだろうか

CIMG3804.jpg
実はこの茄子しわもあります

CIMG3795.jpg
CIMG3803.jpg
しなびた感じというか
そこに妙なリアリティーを感じた自分は
茶色く傷も付けて作っていた。

その作業がすごく楽しくて(笑)
ワクワクしている自分を見つけた。
CIMG3805.jpg

この時自分にとってのモノ作りがどんなものなのか思い出したような気がした。
よくリアル系と言われる事が多いけど
リアルなモノを作っているわけではなく
記憶の再現をしているだけだったりする。

冷蔵庫の片隅に忘れられた茄子が
自分にとってのソレと言うのも
主婦としてどーなの?って話ではありますが
全てが整った世界にあまり興味が無く
実はスイーツ系をあまり作らないのはそこに関係している部分もあったりします。
ケーキとか全て整っている美しいものなので
自分はいびつな感じのところにどうやら魅力を感じるひねくれものの様で(笑)

とすれば自分にとっての作品の部分は
人が見る「リアルに再現されているカタチ」ではなく
手にした人がそこから何かを感じ・思い出してもらう
その一瞬の見えないモノが自分にとっての作品なのかな
なんて事を思い出しました。

だから
効率が良い量産ってものが苦手なのもそこなのかもしれない。

今回納豆シリーズも
今までは一気に仕上げていたのが今回は
気が向いた分だけ少しずつ増やしている作り方で
この時間が無い時に何をやっているんだ?とは思うのですが
自分が込められる気持ちがそれしかないなら
そんな作り方しか出来ないのかなって
自分の力量的なモノとも対面した今回の出来事でした。

自分の作るモノはそのほとんどが
自分がそのモチーフと対面した記憶や感情
そのものだったんだなと。

そして誰かの記憶にリンクした瞬間こそが
作品の完成となるような気がします。

そんな瞬間を想像しながら
残りの時間僅かとなりましたが
作って行こうと思います。


「何を言っているんだ?」という内容でしたが
初心を忘れた時の未来の自分への覚書として

以上戯言にお付き合い下さりありがとうございました(礼)








PageTop

作品が教えてくれた事

CIMG3753.jpg

珍しく今日は作品の写真から。

デザインフェスタ41まで一カ月を切った今
今回ずーっとエンジンがかからないでおりました。

その理由を考えていて
スランプなのか、年齢的なものなのか(笑)
いつか来るやる気をずーっと待っておりました。

で、今朝とりあえず出来た2個の納豆のブローチの画像を
いつものようにツイッターにアップし気がついたのです。


元々量産系ではないことは自覚しておりました。
と同時に
作るだけのマシーンや
内職の様なモノ作りはしたくないと思ってました。

作品には作り手の気持ちが宿る
そう信じているところがあったので
やっつけ仕事のようなそれに
手にとって下さった方を楽しませるものは出来ない
そう信じている部分があったので
作っていて楽しいと感じる事が出来なければ!を前提にしてきました。

もちろんこれは作り手のエゴの部分で
正直お客様が求めているものとは異なるものかもしれません。


その中で、前回のデザインフェスタ38では
提供者としてとても不甲斐ない結果となり
折角来て下さったお客様にきちんとした対応が出来ず
それがとてもトラウマになっていたのも事実で

次出展する時は【数】を用意しよう!
そう思っておりまして
その後出展させて頂きました
東急ハンズのイベントでも意識したのは【数】でした。

そして今回も【数】をとても意識して制作を行おうとしてきました。
結果
凪状態が続き殆どのものがいつも以上に出来ていない状況になってしまいました。

通常ならば一気に作ってしまうパーツを
今回いつも以上の効率の悪さで一つ一つ試すように作り始めている自分がいました。
画像の納豆のブローチも本来なら一気にドーンとまとめて仕上がるのに
2個しか出来ていない。
納豆のおまめはきちんとできているのに
形にしようとするのが少しずつになってしまう。

で、朝わかったのは
やっつけ仕事のようなもの作りをしたくない
と言う根底にある気持ちが自分自身にブレーキをかけていたのではないかと。
それはとても無意識のうちにそうしていたように思います。

自分自身をいろんな理由で誤魔化しても
生みだしていく作品は誤魔化す事が出来ないんだなぁと実感しました。


この認識は正直提供者としては正解かどうかはわかりません
むしろダメな部類に入るのかもしれません

今回のデザフェスも遠方からいらっしゃるお客様や
わざわざこの日に合わせてお仕事のお休みを入れて下さる方等
多くの方が楽しみにブースにまで運んで下さる事を考えると
数が出来ないのは致命的ともいえます。

でもそれが自分自身だとしたら
根底にあるその部分はどうにも誤魔化す事が出来ないので
その状態の自分を受け入れて
その中で開催日まで出来る限り作って行くしかないんだなと
思えるようになりました。


その分色々な方にご迷惑をおかけしたり
ご不便をおかけすることになるとは思いますが
少しでもご理解頂ければと願います。


具体的にはおそらく
開場後列が出来ている間は
一部の人気のある作品に関しては
規制をかけさせて頂く事になるかと思います。
またその辺につきましては具体的な事が決まりましたら
近くになりましたらアナウンスさせて頂こうと思います。

持久力不足の作り手で申し訳ございません。
この先、今日気がついた事を意識し受け入れながら
あとわずかですが作り続けて行こうと思います。




                                      KOH



PageTop

デザフェスの話

オメカシホリックを振り返る前に…

今回のデザフェス40は出展致しません

実は未だに間違われる事がありまして
現在ツイッター表示に【DF40はお休みです】表示も付けてみました。
もし「デザフェスに行ったらちょっと遊びに行ってみよう」と思って下さる方がいらっしゃいましたら
出展者としてはおりませんので宜しくお願い致します。

今回お休みを頂いて感じたのは
それだけ皆様の中に【常連】の認識を頂いているのでは…という部分でした。
出展経験者としてはこれほど嬉しい事はございません。

敢て欠席とせずお休みとしてあるのには理由がありまして
実は今回のデザフェス40は最初から申し込みをしませんでした。
正確に言うと出来なかった。
してはいけないなとすら思いました。

元々はデザフェス39で終わりの予定でした。
なのにその先を考えたのは39の終わり方があまりにも酷いものだったからです。
一般的には『大成功に終わった』のかもしれません。
人も多く来て下さり、作品は完売しこれまでにない事でもありました。

出展のスタンスはそれぞれにあり
『売る事』を目的にするのであればこれは大成功だと思います。
ただ自分の中にあるのは【提供者】としてのスタンスもあり
この視点から捉えると提供者としては不甲斐ない事ばかりでした。

予想を超える方が列を作り
当然お隣のブースを始めお向かいのブースの出展者様にも
その影響は出てきます。
幸い下の子が整理をしてくれ、ご近所のブースの方が皆さん優しいかただったので
良かったのですが
急遽あんころさんのピンチヒッターに一緒に参加して頂いた
SHOCOさんのお客様まで影響があったのではないかとも
(お並び頂く必要が無いのにもかかわらずアナウンスが間に合わずわかりにくかった)

前回の調子で居たので数量制限も設けず
最後だからお好きなだけ!と思ったのも裏目に出たのか
結果はお並び頂いていたにもかかわらず
作品を購入どころか何があったのかもわからないままの状態で
お返ししてしまった事。
タブレットやスマホの画面を提示されながら
「これってこのブースですか?」とご確認頂く方にお詫びを申し上げる状態でした。

仮に自分がお客さんならそこまで考えないと思います。
「仕方が無いよ」と言って下さる方もいらっしゃいますが
列に並びながらうちのブースにぐるぐるとしるしをつけて楽しみにして下さった方の話とか
そんな事を聞くと
もう一度リベンジしたいって気持ちになりました。
残念な状態で終わるんじゃなく
来て頂いた方に少しでも多くの満足を渡して終わりたいなと。

それを考えた時そのまま次の申し込みは出来ませんでした。
何の解決策もないまま同じ事を繰り返す可能性があるままではいけないと
出店規模からいって壁と呼ばれるMブースは大きすぎて無理だし
かと言ってSブースで中央にでもなってしまって同じような事が起こったらと思うと難しく
少しでも分散出来たら。。。という思いも込めながらの通販でもありましたが
こちらも実際どうだか…

と、具体的にまだ「これだ!」というのは出来てないのですが(汗)
出来てないまま41の事を考えていたりします。
とはいえ申し込みの話で抽選がその先にあるので実際はわかりませんが

そんな気持ちもありながら相方のあんころさんにメールを送ってみました。
SHOCOさんにはご迷惑をおかけして申し訳ない と思いながら
あんころさんにメールってどうよ?って話ですが(爆)
元々あんずちゃんのご病気で前回欠席されたので結果はわかりませんが
いつの日かリベンジ出来る日が来たらってそんな風に思っています。

デザフェス39の自分はホント謝ってばかりだった気がします
これは会場にお越し頂いた方ならきっとわかると思うんですが
もし次リベンジが出来たなら「スミマセン」を「ありがとうございます」にしたいなって
今そんな事を思いました。



凄く長くなりましたが
そんな事もあり今回はお休みを頂きました。

もしかしたらデザフェスではなくデザフェスギャラリーで
自分の大好きな仲間と何かやるかもしれませんが
【大雪で中止にならない事】を祈りながらw
委託ではない形でいつの日かまた
対面形式の事をしてみたいです。

いろんなところでご迷惑やご不便をおかけしますが
生温かい目で見守って頂ければ…
こんな不甲斐ない作り手ですがこれからも宜しくお願い致します


                                    KOH





PageTop