神様の降りてくる時間

自己満足的に作ったものをポコポコアップしていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あり様のクラゲ

ボンドクラゲ制作のきっかけとなったあり様より
里帰りということで逆さクラゲの作品を頂きました。

CIMG0096.jpg

いつもツイッター上では透明なクラゲ作品を拝見していたのですが
この背景が不透明な作品はみていると
ほんとに海の中を泳ぐクラゲに魔法をかけてそこだけ閉じ込めたような
そんな世界感すら浮かんできます。

いろんな作り手さんが居て
いろんな作風のモノがあって
でも自分が一番こういうのを作りたい!と思うのは
その人の記憶やイメージなどに呼びかけられるモノなので
そんな妄想を抱かせるあり様の作品はまさに理想だったりします。

CIMG0095.jpg

魔法の小瓶をイメージされた作品なのでアンティークゴールドの金具達で構成されていて
上には月のパーツと一緒に淡水パールが添えられているのがまたセンスの良さだなぁと。。

CIMG0100.jpg
背景を暗くするとこのように浮かんでもきます。
このぼんやりと浮かんだ感じがまるで水族館のあのクラゲのような
感覚の幻想的な部分を刺激します

CIMG0107.jpg
折角なのでお日さまに透かしてみました(笑)
この濁り感がリアルさを増すのかもしれません


ツイッター上でもクラゲ作成にご興味を持って頂いた方が多かったので
忘れ物をしなければ
試作で作ったボンドクラゲ&レジンクラゲ作品と共に
きっかけとなったあり様のこちらの作品も一緒に
2月の雑談会に持って行こうと思います(承諾済み)

実際のあり様のクラゲ作品は先日もお知らせ致しましたが
2月に入ってからCreemaさんにて販売予定だそうですのでチェックしてみてくださいませ。

 あり様のブログ
 

スポンサーサイト

PageTop

えっと・・・

年初めのタイトルに
「今年もよろしくお願い致します」と入れようか迷いつつ
平凡過ぎるよな何かひとひねり入れたい…
そう考えて結局決まったのが
今皆様がご覧になっているソレです。

人間考えすぎて拘り過ぎて結局「えっ結局それなん?」ってことがあったりします
まぁ人生そんなモノ
作品のクラゲではありませんが今年もゆる~くスタートです
ゆるくないのはウエスト位です。切実です!

昨年ツイッターにてボンドクラゲの作り方をお知らせしたところ
沢山の方に作って頂けて素敵な作品を拝見出来る幸せがまだ続いております
そんな中、きっかけとなった
あり様が素敵な作品画像を送って下さいました。
現在耐久性のテスト中という事なのでクリアできたらきっと
Creemaの方での販売になるかと思われます。

そんな素敵な作品画像をメールで送って下さったので
許可を頂きご紹介させて頂きます。
本当は他の方の作品も一緒にご紹介させて頂けたなら
同じ作り方からスタートしたクラゲたちが
その方々の手を通し、感性のフィルターを通し
皆さんそれぞれ個性ある作品に仕上がっている事がお伝えできるのですが
確認を取って無いので他の方のモノはツイッター上でRTという形で
紹介させて頂いております。

では早速あり様のクラゲ作品をどうぞ
あっその前に…頂いた画像は大きさを変えただけで他はいじらずそのままです。
(大きさ変えた割に画像大きいけどw)

2014-01-02-21-48-03_deco.jpg

ご覧頂いた通りそこに「魔法」という言葉が浮かんでくるような作品に
あり様のお言葉を借りれば
そのイメージする世界はポニョのオープニングのシーンのイメージから再現されているとか
青い光もカメラ上の反射や効果ではなく魔法をイメージした作品に仕上げるように
クラゲと一緒に封入されているモノだそうです。
まさに魔法の小瓶

現在は耐久性テストの為このような状態に
004.jpg

007.jpg
光が透けた感じもまた何とも言えません

手にしたら暫くの間はうっとり状態に陥るでしょうw

と、自分が作ったわけではないんですが(爆)
ここぞとばかりにご紹介させて頂きました。

先ほどあり様のブログとクリーマの作家ページのリンクを貼らせて頂きましたが
それとは別にリアルタイムであり様の作品を堪能されたい方は

 ツイッターアカウント アカウント名:あり@Petite-Hanna
              アカウント:@fjai6141

の方からの方がチェックしやすいかと思われますw


言葉にしちゃうと「綺麗事」と思われがちですが
やはり楽しんで作って頂ける事は凄く嬉しいなと感じます。

そこに至る背景はやはり
ハンドメイド世界の模倣問題があり
真面目な方ほど凄くそこを意識され必要以上に気を使いながら作成されているのを目にし
今回のボンドクラゲに対してもやはり気を使って下さる方がいらっしゃいました。

ハンドメイドの世界には「デザイン」という部分が存在しているので
その全てに同様にというのは無理かもしれませんが
少しでも作る自由さと楽しさを味わって頂けたのならば
今回のクラゲはそういう時点で良かったなと思いました。

ボンドクラゲさんも皆様お好みのカスタマイズをされていらっしゃり
そこから新たなクラゲが誕生したりと
いろんな方の創作意欲も拝見し私も刺激を頂いております

あり様のクラゲさんと同じくらい
多くの方のクラゲ作品が出来あがる事を楽しみにしています

ご覧頂いた方、RTして下さった方
そして作って下さった方に感謝しながら
年明けのご挨拶とさせていただきます。

今年もよろしくお願い致します


                                KOH

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。